Newsweek

中東

ホルムズ海峡のそばで石油タンカーに攻撃

2019年5月14日(火)17時45分
デービッド・ブレナン

    攻撃を受け、UAE沖のフジャイラ港に停泊したタンカー Satish Kumar-REUTERS

    <アメリカとイランの緊張が高まるなか、要衝・ホルムズ海峡のそばでアメリカの同盟国サウジアラビアなどのタンカーが損傷を受けた。イランがやったのか?>

    サウジアラビアの石油タンカー2隻が5月12日、アラブ首長国連邦(UAE)の沖合で妨害を受ける事件が起きた。こうした行為が横行すれば、世界全体への石油供給が危うくなる可能性があるとサウジアラビアは警告した。

    アメリカおよびその同盟国とイランとの対立によって中東地域の緊張が高まるなか、UAE東部のフジャイラ首長国の沖合で2隻のタンカーが損傷を負ったことを、サウジアラビア外務省が5月13日に発表した。

    サウジアラビアのエネルギー相、ハリド・ファリハは、2隻のタンカーが「妨害を目的とした攻撃」の標的となり、「船の構造に深刻な打撃を受けた」と述べた。2隻のうち1隻は、サウジアラビアの港に向けて航行中で、そこで原油を積んでアメリカに輸送する予定だったという。「幸い、死傷者はおらず、原油流出も起こらなかった」

    CNNの報道によれば、この妨害行為は、「航行の自由と全世界への石油の安全供給を妨げる」ことが目的だとファリハは主張している。

    サウジアラビア外務省は国営サウジ通信社(SPA)を通じた声明で、この事件を「犯罪行為」と呼び、「海上交通の安全と安心に深刻な脅威をもたらすものであり、中東地域ならびに国際的な平和と安全にマイナスの影響を与える」と述べた。さらにサウジアラビアは、UAEが自国の安全と国益を守るために講じるあらゆる手段を支持することを表明した。

    米軍が追加配備したばかり

    サウジアラビアの発表に先立ち、UAE当局は5月12日、合計4隻の船舶が攻撃を受けたと発表していた。関与したのが誰なのかという詳細は明らかにしなかった。また、レバノンの衛星放送局アルマヤディーンは、5月12日午前にフジャイラ港で爆発が発生して石油タンカー7隻が被害を受けたと報じたが、UAE側はこれを否定。UAEの国営首長国通信は、「港は通常どおりに操業している」と述べた。

    UAE沖で何らかの攻撃を受けたタンカー。船体に穴が開いているのが見える


    これらの事件の直前にはアメリカが、中東を航行する船舶に対してイランとその代理組織が攻撃を計画している可能性があると警告を発していた。5月5日には、トランプ大統領補佐官のジョン・ボルトン(国家安全保障問題担当)が、アメリカとその同盟国の国益を脅かさないようイランをけん制して、空母打撃群と戦略爆撃機B-52を中東に配備すると発表していた。

    <関連記事>米空母配備、イラン曰く「悪いのはボルトンだ」

    5月12日の報道を受け、アメリカの連邦海事局は船舶に対し、フジャイラ沖を航行する際には注意するよう呼びかけた。ただし、妨害行為の報道についてはまだ確認が取れていないと述べた。

    一方、イラン外務省は、妨害行為と思われる事件について懸念を表明したものの、事件への関与は否定した。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

    • 3

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

    • 4

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 5

      トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

    • 6

      ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

    • 7

      横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

    • 8

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 9

      世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

    • 5

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 10

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩