Newsweek

軍事

南米の武器庫ベネズエラ、かなり危険につき......

2019年5月15日(水)16時00分
ライアン・バーグ、アンドレス・マルティネス・フェルナンデス(アメリカン・エンタープライズ研究所研究員)

    また、カラシニコフ銃や狙撃銃など通常兵器が拡散することも懸念される。ゲリラ組織や多国籍の犯罪組織はこれらの通常兵器をテロ攻撃や強盗、治安部隊への攻撃に使用するために重宝しており、ベネズエラ軍はこれらを大量に保有している。ロシア製カラシニコフ銃の工場が19年末までにベネズエラで稼働し始めるという報道もあり、そうなれば毎年2万5000丁が生産されることになる。

    アメリカと中南米の同盟諸国は、ベネズエラ政権が崩壊する日に備えて武器が大量流出することのないよう包括的な戦略を立てなければならない。ベネズエラが保有する武器の情報や国境警備の技術を共有したり、武器密輸を防ぐための対策を共同で行うことも考えられる。

    アメリカと同盟諸国は、ロシアに対しても、同国が不安定な独裁政権に武器を輸出することに制裁を科すべきだ。ロシアによるシリアのアサド政権への支援に対して取ったような戦略が必要だろう。

    ベネズエラの武器がならず者の手に渡らないよう、祈るだけでは不十分だ。無計画による失敗は、この地域に新たな暴力の波をもたらしかねない。

    From Foreign Policy Magazine

    <本誌2019年5月14日号掲載>

    20190521cover-200.jpg※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    本誌 最新号

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    2020年1月28日号  1/21発売

    人気ランキング

    • 1

      ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日以内の合意が必要

    • 2

      「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

    • 3

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 4

      「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

    • 5

      韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

    • 6

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 7

      新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

    • 8

      新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れた…

    • 9

      「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

    • 10

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 3

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

    • 4

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 5

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 6

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 7

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

    • 8

      日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

    • 9

      ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

    • 10

      ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 3

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 8

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 9

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 10

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】バブル崩壊でスペインに残った砂の城