Newsweek

軍事

南米の武器庫ベネズエラ、かなり危険につき......

2019年5月15日(水)16時00分
ライアン・バーグ、アンドレス・マルティネス・フェルナンデス(アメリカン・エンタープライズ研究所研究員)

    また、カラシニコフ銃や狙撃銃など通常兵器が拡散することも懸念される。ゲリラ組織や多国籍の犯罪組織はこれらの通常兵器をテロ攻撃や強盗、治安部隊への攻撃に使用するために重宝しており、ベネズエラ軍はこれらを大量に保有している。ロシア製カラシニコフ銃の工場が19年末までにベネズエラで稼働し始めるという報道もあり、そうなれば毎年2万5000丁が生産されることになる。

    アメリカと中南米の同盟諸国は、ベネズエラ政権が崩壊する日に備えて武器が大量流出することのないよう包括的な戦略を立てなければならない。ベネズエラが保有する武器の情報や国境警備の技術を共有したり、武器密輸を防ぐための対策を共同で行うことも考えられる。

    アメリカと同盟諸国は、ロシアに対しても、同国が不安定な独裁政権に武器を輸出することに制裁を科すべきだ。ロシアによるシリアのアサド政権への支援に対して取ったような戦略が必要だろう。

    ベネズエラの武器がならず者の手に渡らないよう、祈るだけでは不十分だ。無計画による失敗は、この地域に新たな暴力の波をもたらしかねない。

    From Foreign Policy Magazine

    <本誌2019年5月14日号掲載>

    20190521cover-200.jpg※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。


    20200929issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    9月29日号(9月23日発売)は「コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50」特集。利益も上げる世界と日本の「良き企業」50社[PLUS]進撃のBTS

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 2

      核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 5

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 6

      ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

    • 7

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 8

      インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

    • 9

      新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

    • 10

      韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

    • 6

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    • 7

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 8

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 9

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 10

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 7

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 8

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 9

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と