Newsweek

ドキュメンタリー

「地球は平面」と主張する人々が、丸い地球に出会ったら

2019年5月15日(水)21時00分
アンドリュー・ウェーレ

    「地球は平面だ」と主張する人々が自説に固執するのには意外な理由があった NEWSWEEK

    <地球平面説を唱える運動を追ったネットフリックスのドキュメンタリーは、どんな証拠を突き付けられても自説を曲げない「信者」たちの知られざる心理に迫る>

    現在ネットフリックスで配信中のドキュメンタリー映画『ビハインド・ザ・カーブ─地球平面説―』(2018年)には、首を傾げたくなる瞬間がたくさんある。その大半が地球平面説を提唱する人々、とくにユーチューバーのマーク・サージェントの登場場面だ。

    この作品で最も驚くべきことは、地球は平らと信じる人々が自らの実験で自説が完全に否定されても、頑として真実を認めようとしないことかもしれない。作品中で紹介される2つの実験は、平面説の信者の期待とは正反対の結果になった。そのひとつである光源を使った実験は、作品の最後を飾るにふさわしい衝撃をもたらす。

    ワシントン州ウィドビー島に住むマーク・サージェントは、島の海岸から対岸のシアトルの高層ビルが見えることを指摘、地球が平面である証拠だと主張する。

    「科学者は反論するのに必死だ」と、彼は言う。「天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン、俺たちにとっては名前を口にするのも嫌な奴だけれど、あいつは俺たちの説を反知性主義で、文明と民主主義の終わりを意味する運動だと抜かした」

    ドキュメンタリー映画『ビハインド・ザ・カーブ―地球平面説―』(2018年)では、人々が科学実験で地球平面説を証明しようとするが......('Behind the Curve'、ネットフリックス配信中)


    ここでコメディ専門局の人気トーク番組に出演したタイソンの映像が挿入される。「地球は平らじゃない!」と彼は断言する。

    「俺たちが有利なのはなぜかというと、科学者たちは数字で攻めてくるからだ。俺たちは、ここからシアトルが見えている、と言えばそれでいい」と、サージェントは言う。

    南極は巨大な氷の壁

    サージェントやその他の地球平面説の支持者は、地球が巨大なドームで覆われており、太陽と月は我々の頭上を回っていると信じている。南極大陸は大陸ではなく、「地球大陸」の周りを取り囲む巨大な氷の壁だ。ドキュメンタリーの後半では、氷の壁を超えたところにまだ発見されていない大陸があるという説など、もっと幻想的な説も紹介される。

    しかし『ビハインド・ザ・カーブ』は、変人オンパレードだけの作品ではない。地球平面説のような独断的で非科学的な理論を広めようとする人々の心理を掘り下げ、実験で自説と異なる結果が出た時にいったい何が起こるのか、その実例を紹介している。

    地球平面説を唱えるユーチューブ・チャンネルの人気ホスト、ボブ・クネーゲルが地球の自転を否定するための実験について語る場面は、まさに驚きとしか言いようがない。

    彼は地球の自転を否定するために精度の高いレーザー・ジャイロスコープを使って実験を行う。地球が回転しているなら、地面に設置したジャイロスコープは時間とともに傾きを検知する。動いていないなら、何も起こらない......。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:仮想通貨ウォーズ

    本誌 最新号

    特集:仮想通貨ウォーズ

    ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

    2019年12月10日号  12/ 3発売

    人気ランキング

    • 1

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 2

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 3

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 4

      韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

    • 5

      5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

    • 6

      鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

    • 7

      ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

    • 8

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 9

      人間はネコの表情を読み取れるか? あなたも試せる..…

    • 10

      中学以降も電卓を使わせない日本の遅れた数学教育

    • 1

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 2

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 3

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 4

      文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

    • 5

      「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

    • 8

      韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

    • 9

      5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

    • 10

      中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

    • 1

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 2

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 3

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

    • 4

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 5

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

    • 6

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 7

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 8

      何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

    • 9

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 10

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ