Newsweek

ユダヤ人差別

アンネ・フランクの「ビキニ写真」でハーバード大学の風刺雑誌が謝罪

2019年5月16日(木)13時15分
ジェニー・フィンク

    ハーバード・ランプーン誌の共同代表であるニコラス・グランドリンとジャック・ストービッツ、および担当編集者のリアナ・スピロは、同誌のウェブサイトに共同声明文を発表。自分たちの行動に責任を取らなければならないことは理解していると認め、反ユダヤ主義を非難した。

    「個人としても組織としても、問題の画像が作成され、掲載されるのを許した不注意について謝罪したい」と声明文は述べた。「私たちが引き起こした害について申し訳なく思っている」

    3人はまた、同誌の発行プロセスには「十分な編集上の監視」が欠けていたとし、今後はコンテンツの作成に「これまで以上に慎重に」取り組むとも述べた。

    オランダのアンネ・フランク・センターは、ハーバード・ランプーン誌がこうした編集基準を導入したことについて「希望の兆し」だとしたものの、対処が1週間遅かったとも指摘。問題の画像は「不快で悪趣味」で「ユーモアでも何でもない」と評した。

    ドイツで生まれたアンネ・フランクは、10代だった第2次世界大戦の最中、家族と共にアムステルダムにある家の別館を隠れ家とし、そこで2年間を過ごした。その後、何者かの裏切りで、家族と隠れ家にいたところをナチスに見つかり身柄を拘束された。そして15歳という若さで、ベルゲン・ベルゼン強制収容所で人生の幕を閉じた。

    だがその死後も、彼女のレガシーは日記という形で受け継がれている。ナチスに見つかるまでの生活をつづった彼女の日記は、その死後に発見され、1947年に出版された。

    (翻訳:森美歩)

    20190521cover-200.jpg
    ※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。

    本誌紹介

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

    2020年10月27日号  10/20発売

    人気ランキング

    • 1

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

    • 2

      グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

    • 3

      新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

    • 4

      ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

    • 7

      落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

    • 8

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 9

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

    • 10

      アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

    • 1

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 2

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

    • 3

      アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

    • 4

      在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

    • 5

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    • 6

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 7

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 8

      トランプが台湾に売った対中兵器の中身

    • 9

      韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

    • 10

      千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 10

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う