Newsweek

アメリカ社会

アメリカだけ反対! フェイスブック、EUなどが過激コンテンツ規制に署名

2019年5月20日(月)19時15分
ダニエル・モーリッツラブソン

    ニュージーランド銃乱射事件では凶行が生配信された PAUL KANE/GETTY IMAGES

    <ニュージーランド銃乱射事件を受けた合意文書「クライストチャーチ・コール」に対し、ホワイトハウスの主張は...>

    3月にニュージーランド南部のクライストチャーチで51人が犠牲になった銃乱射事件では、犯行の様子がフェイスブックでライブ配信され、世界に拡散したことも大きな衝撃だった。

    インターネット上の暴力的で過激なコンテンツを撲滅し、テロリストや過激派によるネットの悪用を防ぐ対策を講じるべきだとの声が強まるなか、ニュージーランドとフランスが主導する国際会議が5月15日にパリで開催。フェイスブックやグーグル、マイクロソフト、ツイッターなどIT大手8社に加えてEUを含む17の国・地域が、ネット上のコンテンツ規制を強化する拘束力のない合意文書「クライストチャーチ・コール」に署名した。

    一方、この動きに同調しない国もある。アメリカだ。ホワイトハウスはクライストチャーチ・コールの趣旨に賛同するとしながらも、「表現の自由と報道の自由も合わせて尊重し続ける」と表明。「テロリストの言説に打ち勝つための最良のツールは実り多い言論である」と主張している。

    <2019年5月28日号掲載>

    20190528cover-200.jpg
    ※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

    • 4

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 7

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 8

      「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

    • 9

      新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

    • 10

      習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 4

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 7

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 8

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウ…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン