Newsweek

米軍

米海軍の潜水艦で女性乗組員の「レイプリスト」、艦長は解任

2019年5月20日(月)18時45分
デービッド・ブレナン

    やっと女性にも潜水艦乗務が許されたと思ったら、早速性スキャンダルが REUTERS/U.S. Navy photo

    <逃げ場のない潜水艦のなかで身の危険さえ感じていた女性たちの不安を、上官は理解しなかった>

    米海軍の潜水艦の乗組員らが、同じ艦の女性乗組員を対象に性的魅力ランキングのリストを作成し、わいせつなコメントをつけて共有していたことが捜査により明らかになった。

    問題が起きたのは原子力潜水艦フロリダで、女性の乗務が認められた米軍で2番目の潜水艦だ。男性乗組員は、女性乗組員のいわゆる「レイプリスト」を作って回覧していた。しかし海軍幹部は十分な対応を取らなかった。

    ミリタリー・ドットコムによれば、リストに関する捜査は情報自由法に基づく請求によって行われた。74ページに及ぶ捜査報告書によれば、艦内では性差別的で不適切な振る舞いや発言が「許容され、上官と部下の間の信頼は存在しなかった」という。

    フロリダに女性兵士が乗務するようになったのは昨年2月で、早くも6月には、艦長のグレゴリー・カーチャー大佐の元に複数の部下から問題のリストに関する報告が上がっていた。リストには女性乗組員を星の数で評価するものと、それぞれの名前の後に性的なコメントが書き加えられたものがあった。コメントにはやってみたい性行為など攻撃的な性的活動に関するものもあったが、ミリタリー・ドットコムによればレイプについての記載はなかったという。

    対応を渋った艦長は解任

    第10潜水艦群の司令官でカーチャー艦長の上官であるジェフ・ジャブロン少将は、フロリダの事件についてこう報告している。いわく、「『レイプリスト』の噂が乗組員全体に広がり、かなりの数の女性(乗組員)が身の安全に懸念を抱く事態となっている。また、このリストについて知った男性乗組員はいずれも嫌悪感を抱いていた」。またジャブロンはこうも述べた。「(艦長による)対応は控えめなもので、どんな対応が取られたか知る者もほとんどいなかった」

    捜査報告書によれば、カーチャー艦長はリストが誰の手に渡り、誰が読んだのかを突き止めるための調査を命じたものの、正式な捜査を始めようとはせず、リストの存在についても上官に報告しなかったという。

    カーチャー艦長は就任からたった5カ月後の8月に解任された。指揮官としての能力への信頼が失われたためだとミリタリー・ドットコムは伝えている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ルポ五輪延期

    本誌 最新号

    特集:ルポ五輪延期

    「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

    2020年4月14日号  4/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

    • 2

      中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

    • 3

      新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      戦うべき敵は欧米コンプレックス

    • 6

      中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

    • 7

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 8

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 9

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 10

      夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

    • 1

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 2

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

    • 3

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

    • 4

      台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

    • 5

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 8

      新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

    • 9

      新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

    • 10

      中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

    • 1

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 2

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 3

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 4

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

    • 5

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 9

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 10

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間