Newsweek

日米関係

トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

2019年5月23日(木)18時20分
ブレンダン・コール

    外国人が伝統の相撲を観てくれるのは嬉しいが(大相撲ハワイ巡業、2007年) Hugh Gentry-REUTERS

    <1500年以上の伝統ある相撲で椅子観戦にトランプ杯の授与。厳重警備で一般客にも影響必至の事態に批判的な声も>

    ドナルド・トランプ米大統領が来日して大相撲を観戦する際、伝統的なスタイルである座布団ではなく椅子に座って観戦する見通しであることに、日本の伝統主義者たちは渋い顔をしている。

    トランプは5月25日から4日間にわたって日本を訪問し、26日には東京の両国国技館で大相撲夏場所の千秋楽を観戦。優勝した力士に自らの名前が入った「トランプ杯」を授与する予定だ。

    だが1500年以上という相撲の伝統を重んじる人々は、トランプが椅子で観戦することに腹を立てている。トランプは土俵にも近い「マス席」。本来は座布団を敷いて座る場所に、椅子を置いて座る予定だ。

    相撲ファンのトマモト・マサル(73)はロイターの取材に対し、次のように語る。「トランプ大統領が日本の伝統スポーツである相撲を観たいのなら、椅子に座るよりも、座布団を敷いてあぐらで観戦する方がいいと思う」

    それでも相撲にとっていいこと

    だが日本体育大学で相撲部の監督を務める斎藤一雄は、トランプの観戦は相撲にとっていいことだと語った。

    「相撲は日本の伝統文化だ。大事なのは勝ち負けだけではない。だからトランプ大統領がその相撲に関わり、トロフィー(杯)を授与することは、いいことだ」

    トランプの大相撲観戦には、警備をめぐる懸念もある。1万1000ある座席のうち8分の1近くが、トランプと日本の安倍晋三総理大臣、さらにその警備チームのために押さえられている。

    観客は手荷物検査や身分証の提示などを求められる可能性があり、前方の客席ではビールの販売が禁止される可能性もあると英字ニュースサイトのジャパントゥデイは報じている。また毎日新聞によれば、場内で配られる急須と茶碗も、凶器になりうるので当日は使えなくなる可能性があるという。

    トランプの来日にあたって安倍は、トランプとの良好な関係をことさら強調している。共同通信は日本の貿易当局者の話として、トランプと安倍は、自動車や農産品の関税引き下げをめぐる意見の相違を解決したい考えだと報じた。

    またトランプは、5月1日に皇位を継承した徳仁新天皇と面会する、初の外国の首脳となる見通しだ。

    (翻訳:森美歩)

    20190528cover-200.jpg
    ※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      米中貿易協議は既に破綻しかけている

    • 4

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 5

      香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

    • 6

      北京、動くか 香港デモ

    • 7

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 8

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 9

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 10

      「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

    • 1

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 6

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

    • 7

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 8

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 9

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 2

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 3

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 8

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 9

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 10

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年