Newsweek

日米関係

トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

2019年5月23日(木)18時20分
ブレンダン・コール

    外国人が伝統の相撲を観てくれるのは嬉しいが(大相撲ハワイ巡業、2007年) Hugh Gentry-REUTERS

    <1500年以上の伝統ある相撲で椅子観戦にトランプ杯の授与。厳重警備で一般客にも影響必至の事態に批判的な声も>

    ドナルド・トランプ米大統領が来日して大相撲を観戦する際、伝統的なスタイルである座布団ではなく椅子に座って観戦する見通しであることに、日本の伝統主義者たちは渋い顔をしている。

    トランプは5月25日から4日間にわたって日本を訪問し、26日には東京の両国国技館で大相撲夏場所の千秋楽を観戦。優勝した力士に自らの名前が入った「トランプ杯」を授与する予定だ。

    だが1500年以上という相撲の伝統を重んじる人々は、トランプが椅子で観戦することに腹を立てている。トランプは土俵にも近い「マス席」。本来は座布団を敷いて座る場所に、椅子を置いて座る予定だ。

    相撲ファンのトマモト・マサル(73)はロイターの取材に対し、次のように語る。「トランプ大統領が日本の伝統スポーツである相撲を観たいのなら、椅子に座るよりも、座布団を敷いてあぐらで観戦する方がいいと思う」

    それでも相撲にとっていいこと

    だが日本体育大学で相撲部の監督を務める斎藤一雄は、トランプの観戦は相撲にとっていいことだと語った。

    「相撲は日本の伝統文化だ。大事なのは勝ち負けだけではない。だからトランプ大統領がその相撲に関わり、トロフィー(杯)を授与することは、いいことだ」

    トランプの大相撲観戦には、警備をめぐる懸念もある。1万1000ある座席のうち8分の1近くが、トランプと日本の安倍晋三総理大臣、さらにその警備チームのために押さえられている。

    観客は手荷物検査や身分証の提示などを求められる可能性があり、前方の客席ではビールの販売が禁止される可能性もあると英字ニュースサイトのジャパントゥデイは報じている。また毎日新聞によれば、場内で配られる急須と茶碗も、凶器になりうるので当日は使えなくなる可能性があるという。

    トランプの来日にあたって安倍は、トランプとの良好な関係をことさら強調している。共同通信は日本の貿易当局者の話として、トランプと安倍は、自動車や農産品の関税引き下げをめぐる意見の相違を解決したい考えだと報じた。

    またトランプは、5月1日に皇位を継承した徳仁新天皇と面会する、初の外国の首脳となる見通しだ。

    (翻訳:森美歩)

    20190528cover-200.jpg
    ※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】戦火に生まれ、戦火に死ぬクルド兵士