Newsweek

アメリカ社会

銃乱射でPTSDを受けるアメリカの医師たち 銃反対運動が救いに

2019年5月21日(火)14時10分

    5月15日、全米ライフル協会(NRA)との最近の衝突が、銃撃事件の被害者治療にあたる医師たちの一部に、自らのトラウマを癒す方法を提示した。写真は4月、ニュージャージー州のルトガーズ大病院で撮影に応じるステファニー・ボン医師。提供写真(2019年 ロイター/ Keith Bratcher/Rutgers New Jersey Medical School)

    全米ライフル協会(NRA)との最近の衝突が、銃撃事件の被害者治療にあたる医師たちの一部に、自らのトラウマを癒す方法を提示した。それは銃暴力への反対活動に参加することだ。

    銃創を手当てした外科医が発症する心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、イランやアフガニスタンの戦争に従事した兵士と同レベルとされる。外傷外科医らは、思ったことを発言することで、手術室に次々と運び込まれる被害者の治療にあたることが生む怒りや絶望に対処しやすくなると感じている。

    「啓発活動への参加は、燃え尽き症候群に対処する1つの方法だ」。フィラデルフィアのテンプル大学病院で外傷外科医を務めるジェシカ・ベアード医師はそう語る。

    医師たちとNRAの衝突は昨年11月、米国内科学会(ACP)が銃撃による死傷者防止と米国の死亡率について論文を出したことがきっかけだった。NRA側がこれに対し、「偉ぶった銃反対の医者たちは、自分たちの持ち場からはみ出るな」とツイートで警告したのだ。

    これを受けて、ネット上で反発が沸き起こった。

    全米の外傷外科医たちが、銃撃被害者を手術した後の血だらけの手術着や手術室の写真をソーシャルメディアに投稿し、「#ThisIsOurLane(これはわれわれの持ち場だ)」というハッシュタグを付けて抗議したのだ。

    運動は広がった。ペンシルバニア州では、医師らが州議会に政策変更を働きかけるグループを作った。カナダでも、「銃からの保護を訴える医師たち」というグループが結成され、4月にデモ活動を行った。

    医師たちの行動を、2018年2月に17人が犠牲となった米フロリダ州パークランドの高校で発生した銃撃事件を受けて、銃規制を訴える全米規模の抗議活動を主導した同校生徒になぞらえる専門家もいる。

    「#ThisIsOurLaneの投稿は、外傷外科医が受けている銃暴力の影響を直接伝えた。銃撃被害者の治療によって受けているトラウマを訴える、われわれ流のやり方だった」と、ベアード医師は言う。

    多くの医師にとってこれは、科学的または政治的に銃暴力と戦うため、行動を起こすきっかけになった。

    ベアード医師は研究を選んだ。死や苦しみを軽減させるための公衆衛生上のテーマとして、銃暴力を取り上げた。

    4月に公表した同医師の研究によると、フィラデルフィアで外傷治療に対応している3病院には約2カ月半で、被害者4人以上が同時に運び込まれる無差別銃撃事件に相当する数の銃撃被害者が運びこまれている。

    もっと政治的なやり方を選んだ医師もいる。

    ACPは、銃購入者の身元確認を義務付けたり、家庭内暴力をふるう購入者のチェックを厳しくするなどの「合法火器の購入に対する適切な規制」を含めた対策を支持している。

    やはりテンプル大病院で外傷外科医を務めるゾー・メア医師は、「銃傷害防止を目指す外傷センター連合」の設立にかかわった。同連合では、ペンシルバニア州議会に対し、政策変更を訴えている。

    同連合の最初の活動は、法的に「危険」とみなされる人物から当局が銃を没収できるようにする法案を支持することだった。

    メア氏は、米国の年間4万人近くに上る銃撃犠牲者の多くは防ぐことができた、という考えが、活動の原動力になっていると話す。

    「現実的に予防可能なこの公衆衛生上の危機と戦うために、私を奮い立たせるこの力は、確実に私を『燃え尽き症候群』から守ってくれている」と、メア氏は言う。

    NRAは、こうした研究は、米憲法修正第2条で保証された銃を保持する権利を制限するために行われているとして反対している。NRAは、コメントの求めに応じなかった。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    本誌 最新号

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    2020年1月28日号  1/21発売

    人気ランキング

    • 1

      ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日以内の合意が必要

    • 2

      「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

    • 3

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 4

      「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

    • 5

      韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

    • 6

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 7

      新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

    • 8

      新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れた…

    • 9

      「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

    • 10

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 3

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

    • 4

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 5

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 6

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 7

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

    • 8

      日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

    • 9

      ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

    • 10

      ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 3

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 8

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 9

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 10

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】バブル崩壊でスペインに残った砂の城