Newsweek

偽写真

1クリックで女性の写真をヌードに変換するアプリ、批判を浴びて5日で削除

2019年6月28日(金)18時30分
佐藤由紀子

    リベンジポルノや嫌がらせに悪用される可能性がある...... AaronAmat-iStock

    <エストニアに拠点を置く企業が女性の写真を1クリックするだけで、ヌードに変換できる「DeepNude」というアプリを公開して話題になったが、5日後に削除されることになった......>

    女性の写真を1クリックするだけで、ヌードに変換できるという「DeepNude」というアプリが6月23日に公開され大きな話題になった。しかし、多くの批判を浴びて27日にはWebサイトごと削除された。

    このアプリは、エストニアに拠点を置くDeepInstructionという企業が公開したWindowsおよびLinux向けのアプリ。同社のWebサイト(既に削除されている)のキャッシュによると、同社はAIによる画像処理サービスを手ごろな価格で提供することを目指しているとある。DeepNudeの前に、モノクロの写真を1クリックでカラーにする「DeepOld」というサービスを提供していた。

    DeepNudeの紹介文は「あなたの写真から服を取り去ることで友達を驚かせよう」とある。

    リベンジポルノや嫌がらせに悪用される可能性

    このアプリについて最初に報じた米Motherboardによると、アプリは簡単にダウンロード、インストールできた。お試し版は変換(脱衣)結果の大部分がぼかされて見えないが、50ドル支払うとこのぼかしが消える。画像の左上に赤い文字で「フェイク」と表示されるが、簡単に消せるものだったという。

    Motherboardは、変換結果はそれほど精度の高いものではないが、どんな写真にも使えるため、リベンジポルノや嫌がらせに悪用される可能性があると指摘していた。

    開発者は偽名でMotherboardからのメールインタビューに答え、このアプリはカリフォルニア大学が2017年にオープンソースで公開した「pix2pix」というGAN(敵対的生成ネットワーク)採用のディープラーニングアルゴリズムを使って開発したと説明した。使ったデータセットはわずか「1万枚以上の女性のヌード写真」。

    アルベルトと名乗る開発者はMotherboardのインタビューの時点では、このアプリが物議を醸すとは思っていなかったようで、「今はレンダリングに時間がかかっているが、将来的にはもっと高速になる」と語っていた。

    DeepNudeのTwitterアカウントはアプリ公開の3日後、サーバーへのアクセス過多でダウンしたとツイート。27日にはWebサイトをオフラインにしたとツイートした。その理由を「われわれは小さなチームで、これほどのアクセスに対応できない」としていた。

    だがその数時間後、DeepNudeの終了をTwitterで告知した。「このプロジェクトはユーザーに楽しんでもらおうと思って立ち上げたものです。(中略)正直なところ、これほどの反響があるとは思っていませんでした」という。「もし50万人がこのアプリを使えば、悪用する人が出てくる可能性は高い」と認め、今後は同種のアプリを提供しないし、このアプリの使用を認めないとしている。DeepNudeをダウンロードして50ドル支払ったがまだ正式版にアップグレードしていないユーザーに対しては払い戻しをするという。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 2

      世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

    • 3

      トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

    • 4

      東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

    • 5

      警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

    • 6

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 7

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 8

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 9

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 10

      コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 5

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 6

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 7

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 8

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 9

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 10

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩