Newsweek

インド

藁を燃やさず燃料に加工してインドの大気を救う

2019年6月20日(木)18時00分
ジュリアナ・ピニャタロ

    A2P創設者のシンは農家が燃やしていた大量の藁を買い取る COURTESY OF SUKHMEET SINGH

    <汚染の元凶となる藁を買い取り燃料に加工して農家も環境も守る新システム>

    アジアで深刻な環境汚染の元凶になっているのが、藁(わら)だ。穀物農家は収穫の後、次の作付けに向けて小麦藁や稲藁を燃やす。畑をまっさらにするためには藁を焼き払うのが最も安上がりな方法だが、これがインドの首都ニューデリーのような都市で大規模な大気汚染を引き起こす。

    その問題に取り組んでいるのが、インドの農業・エネルギー企業「A2Pエネルギーソリューション」の創設者の1人シュクミート・シンだ。農家から藁を購入し、それを燃料や動物のエサ、土壌改良剤として使用できるペレットに加工する。 同社によれば、これまでの活動で大気中への放出を防いだCO2の量は450トンを超える。本誌ジュリアナ・ピニャタロがシンに話を聞いた。

    ***


    ――達成したい究極の目標は?

    インド北部では毎年9月と10月だけで3500万トンの藁が燃やされている。それを全て産業用のクリーンな燃料に変えたい。

    ――事業を思いついた訳は?

    藁の焼却処理は、環境に深刻な影響を与えていた。18年の調査で、ニューデリーは世界で最も大気汚染が深刻な都市だった。ひどいときには大気中の汚染物質の量は、WHO(世界保健機関)の基準値の20倍にもなる。

    この大気汚染のせいで、ニューデリーに住む子供たちの肺は、アメリカの子供より小さい。大気汚染による経済・医療コストは年間300億ドルと推定されており、インドの医療・教育予算を圧迫している。

    ――A2Pはこれにどう立ち向かっているのか。

    藁からさまざまな製品を作っている。まずは「燃料」。木や石炭のような従来の燃料の代替品となる。そのほか、イケアの家具で使われているような稲藁を原料とした板も製造している。石炭より環境に優しいバイオ炭も作り、土壌養分に活用する。

    ――農家をどう巻き込んでいるのか。

    政府や自治体は藁を燃やさず畑に戻すよう農家に指導しているが、農家は嫌がる。次の作付けの邪魔になるし、害虫が増えるからだ。どうにかしたいなら政府が藁を引き取れと農家は言うが、保管できる場所はない。

    そこで私たちは農家から藁を買い取り、農家が臨時収入を得られるだけでなく、産業向けに高付加価値の製品を作る仕組みを考えた。藁を収集する機械類を農家が購入するための支援も行っている。

    ――提携する農家をどうやって決めているのか。

    NASAの衛星データを使って、藁が燃やされている場所を特定した後、機械学習アルゴリズムで、どの農地で藁が繰り返し焼却されているかを判断する。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:躍進のラグビー

    本誌 最新号

    特集:躍進のラグビー

    日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

    2019年10月29日号  10/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 2

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

    • 3

      韓国、辞任したチョ・グク法相の検察改革で、最初に恩恵を受けたのはチョ氏の妻だったが......

    • 4

      「ユニクロCFは慰安婦を侮辱!」 韓国で非難殺到、店舗…

    • 5

      災害での死者数は、なぜ女性の方が多いのか

    • 6

      【写真特集】ポルノ女優から受付嬢まで、トランプの…

    • 7

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

    • 8

      ヨーロッパ最大の「結晶世界」、「プルピ晶洞」一般…

    • 9

      水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮…

    • 10

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

    • 4

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 5

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 6

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 7

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 8

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 9

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 10

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    • 10

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調