Newsweek

害虫

あらゆる殺虫剤に耐性を持つゴキブリが激増中

2019年7月3日(水)18時15分
ジェイソン・マードック

    なかなか死なないゴキブリ。殺虫剤は、効かないかすぐに効かなくなる 8e88graphic/iStcok.

    <ゴキブリが耐性をもたない殺虫剤を使って駆除実験したところ、ゴキブリはわずか一世代で耐性を付け、個体数も増やし始めた。驚異の生命力に、近い将来殺虫剤では殺せなくなるかもしれないと、研究者は警告する>

    害虫駆除業者が使う殺虫剤に対するゴキブリの耐性が増しており、近い将来、ゴキブリを化学薬品だけで抑え込むのは「ほぼ不可能」になるかもしれない、と研究者らが警告している。

    インディアナ州ウェストラファイエットにあるパデュー大学が最近発表したこの研究は、チャバネゴキブリの一種を対象にしている。世代を重ねるごとに、人間による個体数抑制の試みに対して耐性を身につけつつあり、今後ますます駆除が難しくなる恐れがあるという。

    ゴキブリは人間の健康に害を与える害虫なので、個体数の抑制は重要だと、科学者たちは指摘する。

    <参考記事>この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯らす害虫が拡散中

    <参考記事>ネズミの地球侵略が始まった

    この研究を率いたパデュー大学の昆虫学教授マイケル・シャーフは、「これまで把握されていなかった問題だ」と言う。「ゴキブリは、複数の殺虫剤に対する耐性を一度に身につけつつあり、このままだと化学薬品だけで抑え込むのは不可能になる恐れがある」

    フロリダ大学の食料農業科学研究所では、今回の研究対象となったチャバネゴキブリは、ゴキブリのなかでも最も人間に知られた種類だという。「人間や人間の生活圏を離れては生きていけず」、食べ物や水に近い暖かい室内で繁栄する。

    殺虫剤の効果検証をしてみたら

    パデュー大学の研究者によると、これまでこうしたゴキブリの増殖を抑えてきた殺虫剤は、複数の薬剤を組み合わせて使うタイプで、そのうち少なくとも一つが効力を発揮してゴキブリを殺してくれれば成功、という仕組みだった。今回の実験は、こうした殺虫剤の効果の検証を目的に行われた。

    実験は、インディアナ州のインディアナポリスとダンビルという2つの街の住宅地にあるアパートで実施された。また、殺虫剤はユニバー・ソリューションズから購入したものを用いたと、論文には記されている。

    最初の実験では、3種類の殺虫剤を6カ月間、交互に使った。第2の実験では、2種類の殺虫剤を混ぜたものを6カ月使った。そして第3の実験では、開始時点でゴキブリが耐性を完全には獲得していないとわかっていた1種類の殺虫剤を、6カ月使用した。

    第1の実験では、個体数を最初のレベルに抑えることはできたが、減少させるまでには行かなかった。2種類の殺虫剤を混ぜて使う第2の実験では、どちらの殺虫剤も効果がなく、すぐに個体数が増加し始めた。しかし、最も予想外だったのは、第3の実験結果だ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 2

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 3

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

    • 4

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

    • 7

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 8

      全長4mのワニ、ドローン行方不明などで救助作戦失敗…

    • 9

      【新型肺炎】東京五輪開催、間に合うか? ロンドン…

    • 10

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 7

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 8

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 9

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 10

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 8

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 9

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常