Newsweek

スリランカ

連続爆破テロの余波でスリランカ観光が大打撃

2019年7月16日(火)19時30分
ウェスリー・ドカリー

    テロ事件の負のイメージは観光国家にとって深刻 Adriano Machado-REUTERS

    <政府は再び観光客を呼び込むために、航空会社の負担を減らしてチケット代を下げる対策も>

    今年4月の連続爆破テロで激減した観光客を呼び戻そうと、スリランカ政府が必死だ。

    スリランカの観光産業は好調で、昨年はGDPの4.9%を占めていた。ところがイスラム過激派組織による犯行とみられる4月の連続テロで258人が死亡。その影響で5月と6月の観光客数が前年比でそれぞれ70%と57%も減り、推計15億ドルに上る観光収入が失われた。

    スリランカへの観光客数は海を渡ったインドからが最も多い。ジョン・アマラトゥンガ観光開発相は「インド全国民にスリランカは安全だと保証する。事件に関わった者は拘束された」と、隣国に呼び掛ける。「エジプトやバリ島もテロを乗り越えてきた。観光業は回復する」と、ウィクラマシンハ首相もイメージ回復に必至だ。

    打開策として政府は燃料税、空港使用料の引き下げを実施。航空各社の負担を減らしてチケット代を下げてもらい、観光客を再び呼び込もうとしている。

    長きにわたる内戦の末、人気観光地となったスリランカはかつての地位を取り戻せるか。

    <本誌2019年7月23日号掲載>

    20190723issue_cover-200.jpg
    ※7月23日号(7月17日発売)は、「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。世界経済の先行きが不安視されるなかで、景気を冷やしかねない消費増税を10月に控えた日本で今、注目の高まるMMTを徹底解説します。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 2

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 3

      東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 7

      経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 9

      「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

    • 10

      コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 4

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩