Newsweek

中東

米海軍がホルムズ海峡でイランのドローン撃墜「海軍艦船に接近」

2019年7月19日(金)08時10分

    トランプ米大統領は米海軍の艦船がペルシャ湾のホルムズ海峡でイランの無人偵察機を撃墜したと明らかにした。写真は米艦船USS。オマーン沖で17日撮影(2019年 ロイター/AHMED JADALLAH)

    トランプ米大統領は18日、米海軍の艦船がペルシャ湾のホルムズ海峡でイランの無人偵察機を撃墜したと明らかにした。無人機が艦船に接近してきたためだという。一方、イランは無人機撃墜について情報はないとしている。

    トランプ氏はホワイトハウスでのイベントで、無人偵察機は米艦船から約900メートルの距離を飛行していたとし、「離れるよう求めた複数回の警告」を無視したと説明。「国際水域で活動する船舶に対するイランの挑発的・敵対的行動だ。米国には自国の人材や設備、利益を守る権利がある」と強調した。


    トランプ氏は「無人機は直ちに破壊された」と語った。

    イランのザリフ外相は国連で記者団に対し、「きょう無人機を失ったという情報はない」と述べた。

    米国防総省は声明を発表し、強襲揚陸艦「USSボクサー」が18日午前、ホルムズ海峡を航行中に無人機に対して「防衛的対応」を取ったと説明した。

    同省の報道官は、無人機について「イランのものと判断している」と述べた。

    中東地域では米国とイランの対立が深まっており、両国が戦争に突入する可能性が懸念されている。

    イラン革命防衛隊は18日、ホルムズ海峡にあるイラン領ララク島沖で原油を密輸しようとした外国タンカーを拿捕したと発表。これを受け、米政府はイラン側にタンカーの即時解放を要求した。

    イランは、少量の原油の密輸に使われた小型船だとして、取り合わない姿勢を示した。

    イラン国営テレビの映像によると、拿捕された船名は「リア」。イラン領海ではパナマ船籍の石油タンカー「MTリア」が数日前に消息が不明になっている。

    *内容を追加しました。

    [ワシントン 19日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

    • 4

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 5

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 6

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

    • 7

      北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

    • 8

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

    • 9

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 10

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 4

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 5

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 6

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

    • 7

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 8

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 9

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 10

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 1

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 8

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して