Newsweek

イラン、核査察に関する文書の批准を提案? 米国の制裁解除が条件

2019年7月19日(金)11時00分

    イランは、米国がイランへの経済制裁を解除することを条件に、核開発に関して一段と踏み込んだ査察を可能にする文書の批准を提案した。写真はイランのザリフ外相。5月にモスクワで撮影(2019年 ロイター/Evgenia Novozhenina)

    イランは18日、米国がイランへの経済制裁を解除することを条件に、核開発に関して一段と踏み込んだ査察を可能にする文書の批准を提案した。英紙ガーディアンが報じた。ただ、米国側はその意義について懐疑的な見方を示している。

    イランの提案は「追加議定書」の早期批准に関するもので、国連査察団はイランの核関連活動が平和利用目的であることを検証するさらなる手段を得ることになる。

    米政府当局者は、追加議定書の批准は何の役にも立たないと一蹴したが、それでも、トランプ米政権が外交的な対話を目指すきっかけになる可能性はある。

    ガーディアンなどのメディアによると、イランのザリフ外相はニューヨークで記者団に「トランプ氏の要求が増えるならば、われわれは追加議定書の批准が可能で、トランプ氏は制裁が解除できる」と述べた。

    ただ、イランは既に追加議定書を適用しており、過去に何度も批准を提案しているため、ザリフ外相の提案が譲歩と言えるのかは不明。

    イランは2015年の核合意で、発効から8年後に追加議定書の批准を目指すことが義務付けられている。

    一方、イランの提案についてある米政府当局者は「将来的に核兵器を開発する能力を維持しながらも、可能な限り制裁緩和を引き出すことがイランの本当の目的だ」と指摘。イランは「小さな行動」で大きな結果を引き出そうとしていると批判した。

    別の米政府当局者は「イランが誠意を示したいと考えているなら、即時にウラン濃縮を停止し、実際の意思決定者に交渉を担わせ、核搭載可能なミサイルを含むイランの有害な核関連活動を恒久的に停止することを含む合意をまとめるべきだ」と語った。

    [ワシントン 18日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 7

      文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

    • 8

      文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

    • 9

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

    • 10

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 4

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 7

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 8

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

    • 9

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 10

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 1

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 8

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して