Newsweek

中国

建国70周年に影を落とす中国共産党の憂鬱

2019年9月28日(土)13時30分
ミンシン・ペイ (米クレアモント・マッケンナ大学教授、本誌コラムニスト)

    成長の減速と米中冷戦、強権支配など悪材料が多過ぎる FEN LI/GETTY IMAGES

    <過去の成功要因はほぼ消滅しており100周年まで一党支配が続く保証はない>

    中華人民共和国の建国70周年の記念日である10月1日、習近平(シー・チンピン)国家主席は、共産党体制の業績を高らかにうたい上げる演説を行うだろう。しかし、共産党の内部では未来への不安が広がり始めている。

    無理もない。長引く景気減速と対米摩擦の激化により、中国共産党創設100周年に当たる2021年は、暗いムードのなかで迎えることになりそうだ。2049年の建国100周年に、共産党の一党支配体制が存続している保証もない。

    そもそも中国共産党政権は、一党支配の「寿命」に近づきつつあるのかもしれない。

    ほかの国の例を見ると、メキシコの制度的革命党(PRI)は71年(1929~2000年)、旧ソ連の共産党は74年(1917~91年)、中国および台湾の国民党は73年(大陸で1927~ 49年、台湾で49~2000年)で「寿命」が尽きている。

    北朝鮮の金一族の独裁体制は、これまで71年間続いている。現在、中国共産党と肩を並べる長期体制はこれだけだ。

    中国共産党が未来を楽観できないのは、「歴史の法則」だけが理由ではない。中国が文化大革命のダメージを克服し、この40年間の経済的繁栄を実現する道を開いた要素は、あらかた失われている。

    共産党体制の未来にとって最大の脅威は、米中冷戦だ。毛沢東後の時代、中国はおおむね国際舞台で控えめな態度に徹してきた。争いごとを極力避け、国力の増強に専念してきたのだ。

    ところが、経済大国として台頭した中国は、強硬な外交政策を推し進めるようになった。アメリカはそれに神経をとがらせ、対中政策を関与型から対決型に転換し始めた。

    ナショナリズムを煽る?

    米中冷戦では、アメリカが勝利を収める可能性がはるかに高い。アメリカは、軍事力と技術力、そして経済の効率性で中国を上回っている。

    ドナルド・トランプ米大統領の言動でほころびが見えているものの、同盟関係もアメリカのほうが強固だ。本格的な米中冷戦が始まれば、アメリカが被るダメージも大きいかもしれないが、中国共産党に暗い未来が訪れることはほぼ間違いない。

    中国共産党にとっては、経済面の逆風も強い。中国の目覚ましい経済成長の原動力になったのは、若くて潤沢な労働力、急速な都市化、大規模なインフラ投資、市場の自由化、グローバリゼーションの進展だった。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

    • 2

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 3

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

    • 4

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 5

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

    • 8

      新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

    • 9

      相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

    • 10

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 4

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 5

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 10

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る