Newsweek

サイエンス

200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関わる分析が発表された

2019年11月8日(金)16時45分
松岡由希子

    200万年前の地球環境のタイムカプセル...... Oregon State University

    <これまでで最古の氷床コアが採取されたという発表から2年を経て、その分析が発表された......>

    南極大陸東部で採取された200万年前の氷を分析したところ、古代において大気中の温暖効果ガス濃度と気象に関連があったとみられることがわかった。今後の気候変動に関する研究に役立つ成果として注目されている。

    地球では、この100万年にわたって、寒冷な氷期と温暖な間氷期が10万年の周期で繰り返されてきたが、280万年前から120万年前は、その周期が4万年と短く、氷期も極端なものではなかったとみられている。

    氷床や氷河を掘削してくりぬいた氷の試料、すなわち「氷床コア」は、気温や大気の成分などを推定できることから古気候学の研究で用いられている。今回、これまでで最古の氷床コアが採取されたという発表から2年を経て、その分析が発表された。

    200万年前の氷床コア......

    2007年に発表された研究プロジェクトでは、80万年前の氷床コアに閉じ込められた気泡中の二酸化炭素濃度と気温を分析し、「氷期と間氷期の周期を沿って気温が変化すると、これと並行して大気中の二酸化炭素濃度が変動する」ことを明らかにしている。

    米プリンストン大学らの共同研究チームは、これよりも古い200万年前の氷床コアの二酸化炭素およびメタンの濃度と気温を分析し、2019年10月30日、その研究結果をまとめた論文を学術雑誌「ネイチャー」で公開した。研究結果によると、200万年前の間氷期の二酸化炭素濃度は、80万年前と同様に最高値にまで上昇した一方、氷期の二酸化炭素濃度は、80万年前ほど下がらなかった。

    地球の軌道の変化が氷河期の中で氷期と間氷期の発生に影響を及ぼすことには有力な証拠があり、また、100万年前から200万年前の地球の気温と二酸化炭素濃度の関連はこれまで曖昧であったが、今回の分析で多くのことが明らかになった。

    研究論文の共同著者である米オレゴン州立大学のエドワード・ブルック教授は「200万年前において二酸化炭素が気温と関係していることを示したことは、この研究において最も重要な成果のひとつだ。気候科学を理解し、将来の変化を予測するモデルを調整するうえで重要な基準となるだろう」と述べている。

    さらに古い氷床コアを採取する

    なお、この研究で用いられた氷床コアは、2015年から2016年のシーズンに、アメリカ南極探検隊の観測基地「マクマード基地」から約130マイル (約209キロメートル)地点で地下200メートルまで掘削して採取したものだ。

    ブルック教授は「このエリアにどのくらいまで古いものが残されているのかは不明だ。200万年以上前のものがあるかもしれない」とし、再度、このエリアでの氷床コアの採取を行う方針を明らかにしている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ルポ五輪延期

    本誌 最新号

    特集:ルポ五輪延期

    「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

    2020年4月14日号  4/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

    • 2

      中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

    • 3

      新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      戦うべき敵は欧米コンプレックス

    • 6

      中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

    • 7

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 8

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 9

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 10

      夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

    • 1

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 2

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

    • 3

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

    • 4

      台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

    • 5

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 8

      新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

    • 9

      新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

    • 10

      中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

    • 1

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 2

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 3

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 4

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

    • 5

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 9

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 10

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間