Newsweek

日韓関係

GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発表に菅官房長官否定

2019年11月25日(月)14時28分

    菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、韓国大統領府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)維持に関する22日の日本側の発表に意義を唱え、日本側が陳謝したとコメントしていることについて、謝罪の事実を否定し、対韓輸出規制は必要でありGSOMIAとは全く別の問題であるとの認識を示した。写真は2012年8月16日、東京の韓国大使館前で撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

    菅義偉官房長官は25日午前の会見で、韓国大統領府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)維持に関する22日の日本側の発表に意義を唱え、日本側が陳謝したとコメントしていることについて、謝罪の事実を否定し、対韓輸出規制は必要でありGSOMIAとは全く別の問題であるとの認識を示した。

    同長官は「韓国側のコメントに一つ一つ言及することは生産的でない」とした上で、「GSOMIAの重要性と緊急性に鑑み、11月23日以降も同協定を継続するという韓国側の決定に異議は唱えない。この協定が安定的に運用されることが重要であり、韓国側とこの協定の在り方について意志疎通を図る考えだ。韓国側にもそれを伝達している」と述べた。

    共同通信などによると、韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長は24日、GSOMIA維持を巡る合意内容について、日本側が意図的に歪曲して発表したとして遺憾の意を表明。韓国が輸出管理に問題があると認めたと、日本側が事実と異なる説明をしたとと強く反発した。日本側に外交ルートで抗議し、謝罪を受けたと説明していた。

    (中川泉 編集:田中志保)

    [ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



    20191203issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    12月3日号(11月26日発売)は「香港のこれから」特集。デモ隊、香港政府、中国はどう動くか――。抵抗が沈静化しても「終わらない」理由とは? また、日本メディアではあまり報じられないデモ参加者の「本音」を香港人写真家・ジャーナリストが描きます。


    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 7

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 8

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 9

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 10

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と