Newsweek

K-POP

元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

2019年11月26日(火)17時20分
スー・キム

    ク・ハラは元恋人からの性的暴行で傷ついていた Chung Sung-Jun/REUTERS

    <K-POP界では元「f(x)」(エフエックス)の元ソルリが先月、自殺したばかり。ク・ハラの死は、彼女に性的暴行をしたとして裁判沙汰にもなった元恋人チェ・ジョンボムのせいだとファン激怒>

    韓国の女性アイドルグループ「KARA」のメンバーだった歌手ク・ハラが、11月24日に死亡しているのが発見されたことについて、韓国の地元警察は声明を発表。「犯罪が疑われる不審な点は見つからなかった」と述べた。また、ハラ本人の手書きによる身辺を悲観するメモがリビングで見つかったというが、詳細は明らかにされていない。

    ハラが遺体で発見されたのは、ソウル市江南区の清潭洞(チョンダムドン)にある自宅だった。

    ソウル地方警察庁トップの李龍杓(イ・ヨンピョ)は声明で、「昨日(11月24日)午後6時、ク・ハラの家政婦が彼女の遺体を発見した。現場検証ならびに遺族の証言によると、犯罪が疑われる不審な点は何もない」と述べた。

    「防犯カメラの映像を分析した結果、ハラは11月24日午前0時35分頃(現地時間)に帰宅したと確認された。彼女が死亡したのはそのあとだと推定される」

    「家政婦はかなり以前からク・ハラと親しくなっていた。自宅を訪れたのは、ク・ハラに連絡を取ろうとしたが返事がなかったためだ」

    「自宅のリビングにあるテーブルの上で、手書きのメモが発見された」

    元恋人への怒りが爆発

    ハラの死亡報道をきっかけに、ファンは、ハラの元恋人チェ・ジョンボムに対する怒りをあらわにしている。ハラは2018年、チェから、2人のセックスを録画した動画をネット上に流出させると脅迫されたとして裁判を起こしていた。

    ソウル中央地裁はチェに対し、暴行、脅迫、強要に加え、器物損壊で有罪判決を下したが、性的暴行については無罪にしたと、K-POPサイト「allkpop」は伝えている。

    ク・ハラのファンはソーシャルメディア上で、チェに対する疑念と怒りを改めて表明。ハッシュタグ「#Punish_Choi Jong-bum(チェ・ジョンボムを罰せよ)」を使いながら、ハラへの性的暴行容疑について再捜査を行うよう訴えている。

    アカウント@nunuseokieは、ツイッターでこう書いている。「ハラの元恋人チェ・ジョンボムは、彼女に暴言を吐き、身体的かつ性的虐待を加えたのに、執行猶予の判決しか出ていない。チェは犯罪者であり、もっと重い刑罰を受けて当然だ。ハラは体を壊し、親友を失った。もう遅すぎるけれど、彼女には正義が捧げられるべきだ」

    また@bpteapartyは以下のようにツイートした。「K-POPの熱狂的ファンのみんな、ク・ハラに性的虐待をした男を刑務所にぶち込もう。裁判は続いていて、あいつはいまだに自由の身だ。もうハラは救えないけれど、彼女や虐待を受けた女性すべてに正義をもたらすことはできる」

    この投稿をInstagramで見る

    재밋다ㅎㅎㅎ

    구하라(@koohara__)がシェアした投稿 -

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 7

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 8

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 9

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 10

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と