Newsweek

世論調査

対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

2019年12月9日(月)18時25分
ジェニファー・ドハティ

    アメリカだけではなくカナダでも対中感情が過去最悪になったのは「あの事件」の衝撃のせいだ Aly Song-REUTERS

    <最も親中的な国はロシア、中東・アフリカ、中南米にも中国びいきの国が多い>

    この10年、中国は政治的にも経済的にも影響力を増してきたが、世界の中国に対する視線は必ずしも好意的ではないことが、ピュー・リサーチセンターの調査で明らかになった。

    調査は34カ国の3万8000人以上を対象に、今年5月13日から10月2日にかけて行われた。中国を好ましくない国と考えている人の割合(各国の中央値)は41%、好ましい国だと考えている人の割合(同)は40%となった。

    国によってばらつきが大きいのもさることながら、中国にとって最も気になる点は、昨年調査と比べ全体的に厳しい見方が増えた点かも知れない。アメリカとカナダでは、好ましくない国だと答えた割合が過去最高となった。

    中国に好意的な人の割合は、インドネシアとカナダとスウェーデンでは17ポイント下落した。1年の下落幅としても変動幅としてもそれぞれ過去最大を記録した。アメリカとオーストラリアでは12ポイント下落した一方で、イスラエルとポーランドでは11ポイント増加した。

    また、中国を好ましくない国だと答えた人の割合はアメリカで60%、カナダで67%となり、それぞれ過去最高となった。こうした傾向は多くの国で見られ、日本では85%、スウェーデンでは70%、フランスでは62%だった。

    原因は貿易戦争やファーウェイ問題

    北米地域における反中感情の高まりの原因についてピュー・リサーチセンターはこれまでの報告書で、米中貿易戦争をめぐる緊張だと指摘している。「アメリカでは中国を脅威と見る人が増えている。アメリカ人のほぼ4人に1人(24%)は将来的にアメリカの最大の脅威となる国や団体として中国の名を挙げている。これは2007年の2倍だ」と同センターは、8月に発表した報告書で述べている。

    「アメリカ人の中国に対する見方はどんどんネガティブになっている。米中の全般的な緊張の反映だ。中国が台頭してアメリカの利権を脅かすとか、中国は同じ経済ルールに従わず、アメリカは損をしているとか、中国は豊かになればいずれ民主主義へと向かうと思ったのは見当違いだった、などの感情が渦巻いている」と、ペンシルベニア大学現代中国研究センターのジャック・ドリール所長は本誌に語った。

    ドリールによれば、カナダでアメリカと類似した結果が出るのはよくあることだが、今回の場合はある事件が対中感情悪化に大きく響いた。昨年末、カナダ当局はアメリカの要請を受けて中国の通信機器大手、ファーウェイ・テクノロジーズの孟晩舟(モン・ワンチョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕した。怒った中国は、報復措置として中国在住のカナダ人2人を拘束した。カナダ人が身をもって中国の怖さを感じた事件だ。

    <参考記事>中国は「第三次大戦を準備している」
    <参考記事>アジア系には家を貸したくない(豪・人種差別調査)

    本誌紹介

    特集:感染症 vs 国家

    本誌 最新号

    特集:感染症 vs 国家

    新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

    2020年10月 6日号  9/29発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

    • 2

      北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

    • 3

      無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

    • 4

      中国漁船団は世界支配の先兵

    • 5

      安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

    • 6

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 7

      タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

    • 8

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 9

      3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

    • 10

      韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

    • 1

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 6

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 7

      北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

    • 8

      核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

    • 9

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 10

      台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 6

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 7

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と