Newsweek

米朝関係

北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

2019年12月25日(水)16時15分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

    朝鮮中央通信は9月、超大型ロケット砲を視察する金の写真を公開 KCNA-REUTERS

    <悪口合戦の再開とミサイル発射の懸念、トランプと金正恩の危険なゲームの行方は......>

    ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「ブロマンス」が終わり、再び「炎と怒り」の時が来る──。

    トランプは12月初旬、NATO首脳会議出席のために訪れたロンドンで、金を「ロケットマン」と呼んだ。米朝の軍事衝突も危ぶまれた2017年当時、自ら金に付けたあだ名だ。この発言に、北朝鮮高官らは「老いぼれのもうろく状態の再発」と応酬した。

    北朝鮮のミサイル発射施設では最近、新手のロケットエンジンの実験を示唆する動きが確認されている。北朝鮮は2019年に入ってから12月21日までに、短距離ミサイル発射を13回行っているが、韓国や日本の懸念をよそに、トランプは問題視していない。だが北朝鮮が約2年ぶりにICBM(大陸間弾道ミサイル)発射実験を再開すれば、さすがに黙っていないだろう。

    米朝間の行き詰まりは、双方の指導者それぞれの思い込みの激しさに起因している。トランプは、2018年6月に行われた史上初の米朝首脳会談で金は核放棄を約束しており、いずれ実行すると信じているらしい。だが実のところ、金はそんな約束はしていない。

    両首脳が署名した共同声明には、北朝鮮が「朝鮮半島の完全非核化に向けて努力する」とある。この表現は目標実現も、目標を達成する意志があることさえも意味しない。さらに「朝鮮半島の非核化」とは、北朝鮮側が主張しているように、核兵器搭載可能な米航空機や米艦船を含む全ての核兵器を、朝鮮半島を射程内に収める全ての場所から排除するということだ。

    どんな前進も望めない

    もっとも、元CIAアナリストでブルッキングス研究所上級フェローのパク・ジョンヒョンによれば、最大の障害は金だ。祖父の金日成(キム・イルソン)、父親の金正日(キム・ジョンイル)も大国に対して瀬戸際戦術で臨んだが、彼らは引くべき時を心得ていた。一方、金の認識能力や洞察力ははるかに劣るようだ。

    金が実務者協議に関心を持たず、再度の米朝首脳会談を、できれば平壌で実施したがっているのは明らかだ。その前提には、一対一の会議であれば、より簡単にトランプを懐柔できるとの読みがある。

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 2

      米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

    • 5

      新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

    • 6

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 7

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 8

      キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

    • 9

      中国共産党化する日本政治

    • 10

      コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 7

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 8

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う