Newsweek

日本再発見

複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

2020年1月10日(金)17時45分
松丸さとみ

    イブニング・スタンダードは、世界の9カ所の中で金沢を選んだ iStock

    <海外大手メディアの複数が、2020年に旅行へ行くならここがお勧め、という記事を掲載しており、日本でのお勧め訪問先として、さまざまな場所が紹介されている......>

    CNNは九州をお勧め

    オリンピックイヤーの2020年、世界の注目が日本に集まっているのは想像に難しくない。米ワシントンポストによると、2019年の1年間に米国でもっともグーグル検索された旅行先ランキングで、日本は2位になった。同紙は「2020年の五輪を控え、日本が旅行先としてグーグル・トレンド入りしたのは驚きではない」としているが、モルジブ(1位)やボラボラ(3位)といった「南国パラダイス」に挟まれての大健闘だ。

    しかし2020年、日本への旅行者みんなが五輪開催地の東京だけに集中するというわけではないかもしれない。海外大手メディアの複数が、2020年に旅行へ行くならここがお勧め、という記事を掲載しており、日本でのお勧め訪問先として、さまざまな場所が紹介されている。

    CNNは「2020年に訪れるべき20の場所」という記事の中で、「九州」を挙げた。20の中には、ジャマイカやキルギスなど国としてお勧めされた場所も多かったが、CNNは日本については、ピンポイントで九州を挙げた。その理由は、景観が美しく、食べ物も美味しく、文化的な見どころも豊富だからだ。

    fukuoka668638112.jpg福岡 gyro-iStock

    具体的には、「食の天国」として福岡、「古い街並みや温泉」を楽しめる場所として国東や別府をそれぞれ紹介。さらに、「棚田や山、茶畑といった景色が楽しめる」として佐賀県を、また「2020年には被爆75周年を迎える」として長崎県をそれぞれお勧めだとしている。

    英紙が「人混みのない京都」と勧めるのは

    イブニング・スタンダード(ES)は、「2020年、最も魅力的な旅行先」という記事の中で、世界の9カ所を紹介したが、そのうち1カ所は日本の金沢だった。

    ES紙によると、パッケージ旅行や航空チケットをオンライン販売する英サイト「Lastminute.com」では、日本への旅行が1年間で49%増加したという。ES紙がお勧めする日本の楽しみ方は、まずは東京を満喫してから、新幹線で東京からわずか2〜3時間でアクセスできる金沢を訪れることだ。同紙は金沢を、「京都と同じ魅力がすべて揃っていながら、あの人混みがない場所」と紹介した。

    fukushima672956742.jpg福島(写真は桧原湖)gyro-iStock


    また英ガーディアン紙は、2020年に日本で訪れるべき場所として福島県を挙げている。1964年の東京五輪が第二次世界大戦からの復興を掲げたものだった一方で、今回の五輪は東日本大震災と津波被害からの復興五輪である点を同紙は指摘。21世紀の大都会・東京から新幹線でわずか1時間半で、まるで過去にタイムスリップしたような、山や湖、川が広がる、ゆったりとしたやさしい理想郷へ到着すると描写する。喜多方ラーメン、漆器、温泉などの名物を紹介しつつ、会津や磐梯山を含む福島県の魅力を訴えている。

    miyajima1025204776.jpg

    広島・宮島 Robert CHG-iStock


    okinawa654152514.jpg

    沖縄 bee32-iStock


    kyoto537293964.jpg

    京都 Shootdiem-iStock


    ほかにも、アイルランド日刊紙アイリッシュ・タイムズは広島県の宮島、米旅行雑誌コンデナスト・トラベラーのオンライン版では「2020年に行きたい旅行先リスト」で沖縄、「2020年のベスト目的地20」で京都をそれぞれ挙げている。

    今年は五輪の時期に都内近郊で海外からの観光客が増えるのは必至だが、上記に挙げられた場所へも、例年より多くの観光客が訪れるかもしれない。

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 2

      米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

    • 5

      新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

    • 6

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 7

      キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

    • 8

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 9

      コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

    • 10

      中国共産党化する日本政治

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 7

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 8

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う