Newsweek

朝鮮半島

文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

2020年1月23日(木)11時40分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

    韓国政府は21日、2032年夏季五輪の南北共同招致と共催を推進する計画案を閣議決定した Kevin Lamarque-REUTERS

    <北朝鮮に対する認識に関して、文在寅は「ファンタジー映画のような別世界に住んでいる」という痛烈な批判も>

    韓国政府は21日、2032年夏季五輪の南北共同招致とソウル・平壌共催を推進するための計画案を閣議決定した。

    文在寅大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)が2018年9月の南北首脳会談に合わせて採択した共同宣言は、2032年五輪の南北共同開催を招致するため協力するとうたっている。

    公開処刑の国で

    しかし、共同宣言でうたわれた南北協力はすでに形骸化しつつあり、とりわけ五輪招致に向けた文在寅政権の動きに対しては韓国の国内外からの批判も強い。米紙ワシントンポストは18日付で、「(五輪ほどの)大規模イベントを共同で準備するほど韓国と北朝鮮が何年も安定的な関係を維持し、世界のメディアが参加し、数百万人の観衆が自由に競技を楽しむことができるという考えは全く『絵に描いた餅』だとアナリストの多くが語る」と伝えた。

    また、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア局副局長であるフィル・ロバートソン氏は同紙の記事で、「北朝鮮に対する認識に関して、文大統領は『ラ・ラ・ランド』(ファンタジー映画)のような別世界に住んでいる。五輪共同開催提案は現在の政治的現実と完全にかけ離れた太陽政策的楽観主義の上に構築された巨大プロジェクトだ」と痛烈に批判している。

    実際のところ、政治犯収容所では虐待が横行し、金正恩氏が恣意的に公開処刑を実行するような人権侵害国家が、五輪開催国になり得ると考えるのは愚かと言わざるを得ない。

    <参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

    <参考記事:機関銃でズタズタに...金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

    それにそもそも、南北は共同宣言で、東京五輪の複数競技で南北合同チームを結成すると合意していたが、北朝鮮側のアクションがなく、実現はきわめて微妙になっている。それどころか、北朝鮮は東京五輪に来るかどうかすらわからないのが実情だ。

    さらに、金正恩氏がいまの段階で、本心から2032年五輪の南北共催を望んでいるかどうかも怪しい。同氏は昨年末の朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会で、「反社会主義・非社会主義との闘いの強化と綱紀粛正」を掲げたばかりだ。

    膨大な数の観光客が、五輪観戦のために資本主義国家から押し寄せ、平壌市内を闊歩して北朝鮮国民に「自由の風」を感じさせることに、果たして魅力を感じているだろうか。

    共同招致に向けた韓国政府の動向に対しては恐らく、北朝鮮メディアが遠からず「米国に追従して同族を狙う先端兵器搬入を続けながら、その裏切りを平和の祭典の美名で覆い隠そうとしている」とか何とか言って、イチャモンを付けるような気がする。

    現段階で、共同招致に向けた文在寅政権の動きは国際社会からも、また北朝鮮からさえ強い共感を得ることはないだろう。

    [筆者]
    高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
    北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

    ※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

    dailynklogo150.jpg



    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 2

      米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

    • 5

      新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

    • 6

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 7

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 8

      キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

    • 9

      中国共産党化する日本政治

    • 10

      コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 7

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 8

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う