Newsweek

イラン

イラン反政府デモ3日目、けが人や発砲の情報も トランプ「抗議活動者を殺すな」

2020年1月14日(火)11時04分

    イランでは13日、3日目となる反政府デモが起きた。写真はウィーンのIAEA本部前に掲げられたイラン国旗。2019年9月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

    イランでは13日、3日目となる反政府デモが起きた。同国の革命防衛隊がウクライナの旅客機を誤って撃ち落としたことを巡り、政府が当初否定していたことに対する批判が高まっている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:台湾の力量

    本誌 最新号

    特集:台湾の力量

    コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

    2020年7月21日号  7/14発売

    人気ランキング

    • 1

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

    • 2

      新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

    • 3

      抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免疫システムで新研究

    • 4

      香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

    • 5

      インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

    • 6

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 7

      「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

    • 8

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 9

      マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 3

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 6

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 7

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 8

      世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

    • 9

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 10

      新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由