Newsweek

英王室

ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

2020年1月20日(月)15時40分
カミーユ・ハイムブロッド

    「ただの人」になるヘンリーとメーガン(右)。ダイアナの教訓は生かされなかったのか? Henry Nicholls-REUTERS

    <ヘンリー王子とメーガン妃は「パートタイム」の王族になろうとしたが、エリザベス女王は王族の称号を奪い公金も断つ決断をした>

    英王室に距離を置く決断をしたヘンリー王子とメーガン妃から王族の称号を「剥奪」すると決めたことで、エリザベス女王が衝撃のバッシングを受けている。

    バッキンガム宮殿が1月18日に公にした文書によると、ヘンリー王子夫妻はもはや英王室の現役メンバーとはみなされない。「ロイヤルハイネス」(殿下・妃殿下)でなくなるのだ。公金も支給されない。そればかりか、2人の公式の住まいとして最近改修されたフロッグモア・コテージの改修費用およそ300万ドルも、返済しなければならないという。

    こうした扱いに対し、英王室作家のナイジェル・カウソーンは、2人は何も悪いことをしていないのにひどすぎる、と英エクスプレス紙に語った。

    「2人から称号を取り上げるという英王室の決定は、いじめ以外の何ものでもない。そんな犯罪者扱いを受けるいわれはない。彼らは、もう少し、公金も王室の縛りもないプライベートな生活がしたいと言っただけだ」

    正確には、ロイヤルハイネスの称号は剥奪されたわけではない。しかし、使用は控えるのが望ましいというのがエリザベス女王の意思だ。

    ヘンリーが6番目の王位継承順位にあることにも変わりはない。

    王室を去る決断をしたヘンリー王子


    これではダイアナと同じ

    ヘンリー王子の亡き母、ダイアナ元妃の回顧録『ダイアナと呼んで』の著者でもあるカウソーンは、英王室の対応は無作法で必要以上に厳しく、ダイアナの悲劇的な死の教訓がまったく生かされていないと批判した。自動車事故で死ぬ数カ月前にチャールズ皇太子と離婚したダイアナも、王族の称号を剥奪されていた。

    かくして2人は今後、ただのハリーとメーガンとして生きることになる。それこそ、彼らが望んだものでもあるのだが。

    一方、王族であることを一部でもやめようとしたハリーとメーガンを批判する人々も相変わらず多い。メーガンの異母姉であるサマンサ・マークルは、2人がやっていることは矛盾しているとラジオに語った。

    「一方ではプライベートな生活がしたいと言い、他方ではディズニーと契約しようとしたり、推定4憶ドルのグローバルブランドを作ろうとするなんて、矛盾している。静かで邪魔の入らない生活がしたいと言うわりには随分派手に見える」

    <参考記事>英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心
    <参考記事>英ヘンリー王子夫妻は、どうやって王室から「財政的に独立」するのか?

    20200128issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年1月28日号(1月21日発売)は「CIAが読み解くイラン危機」特集。危機の根源は米ソの冷戦構造と米主導のクーデター。衝突を運命づけられた両国と中東の未来は? 元CIA工作員が歴史と戦略から読み解きます。

    本誌紹介

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

    2020年10月27日号  10/20発売

    人気ランキング

    • 1

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

    • 2

      グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

    • 3

      新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

    • 4

      ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

    • 7

      落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

    • 8

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 9

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

    • 10

      アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

    • 1

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 2

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

    • 3

      アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

    • 4

      在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

    • 5

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    • 6

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 7

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 8

      トランプが台湾に売った対中兵器の中身

    • 9

      韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

    • 10

      千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 10

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う