Newsweek

新型肺炎

中国政府、武漢の交通遮断で新型肺炎を封じ込め

2020年1月23日(木)15時45分
クロエ・ハダバス

    新型コロナウイルスの発生源として「隔離」される中国湖北省の武漢市(後ろは患者を運ぶ医療関係者、1月20日) REUTERS

    <春節の大型連休を間近に控え、人口1100万人の大都市の公共交通を遮断するという異例の措置がとられた>

    中国政府は1月22日、新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるために、感染が多発している武漢市の公共交通機関の運行を一時停止すると発表した。人口1100万人の大都市で人の移動を大幅に制限する異例の措置だ。

    肺炎のような症状を引き起こすこのウイルスは抗生物質が効かないため、感染拡大への懸念が高まっている。人民日報系のタブロイド紙である環球時報によれば、中国ではこれまでに計548人が新型コロナウイルスに感染。武漢市当局の22日の発表によれば、これまでに少なくとも17人が死亡している。

    中国中部における交通の要所である武漢の交通遮断は、23日の午前10時から始まった。当局は市民に対し、「特別な理由」がない限り武漢を離れないようにと警告している。

    中国は25日に春節(旧正月)を控えており、その前後は一年のうちで人の移動が最も活発になる時期のひとつ。40日間にわたってさまざまな儀式や行事が行われ、延べ30億人が国内を移動する。一部の人にとってはこの時期が唯一、帰省して家族と過ごせる機会だ。

    <参考記事>新型肺炎パンデミックの脅威、真の懸念は中国の秘密主義

    中国市民からは政府批判

    新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかで人の移動が増えることを懸念する中国の保健当局は、旅行者に武漢行きを控えるよう勧告している。こうした措置は、中国経済に深刻な打撃をもたらす可能性がある。2019年の例を見ても、春節前後に中国市民が旅行に費やした金額は総額740億ドル、買い物に費やした金額は1450億ドルにのぼるからだ。

    WHO(世界保健機関)は、中国政府の一連の対応を高く評価。テドロス・アダノム事務局長は22日午後の会見の中で、「きわめて強力な措置を取っている」と中国政府を称賛した。だが一部の市民は、政府による情報公開が遅かったと指摘。2002年と03年に流行し、700人以上の死者を出したSARS(重症急性呼吸器症候群)発生時と同様に、今回も対応が後手にまわったとして、無責任だと政府を批判している。

    新型コロナウイルスはSARS同様にヒトからヒトに感染し、既に東アジアの複数の都市に感染が広まっており、そのほかの地域にも飛び火している。中国疾病予防コントロールセンターは、同ウイルスは「非常に感染力が強い」と断定。一方WHOの緊急委員会は22日、今回の感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当するかどうかを判断するには、さらなる情報が必要だとして判断を保留した。

    <参考記事>アメリカで初の新型肺炎患者 WHOは「緊急事態」宣言か

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:台湾の力量

    本誌 最新号

    特集:台湾の力量

    コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

    2020年7月21日号  7/14発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

      • 5

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 6

        24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

      • 7

        生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

      • 8

        世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

      • 9

        「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

      • 10

        どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 6

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 7

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 8

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 9

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 10

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由