Newsweek

コミック

映画では描かれなかったダース・ベイダーの心の傷

2020年2月13日(木)18時15分
アンドルー・ウェーレン

    コミックは映画のその後を掘り下げ、ダース・ベイダーの感情を描く Marvel and StarWars.com

    <息子ルークとの決闘で背負った葛藤と、過去のトラウマが新シリーズで明らかに>

    マーベル・コミックス社がコミック本シリーズ「スター・ウォーズ:ダース・ベイダー」を最初に発表したのは2015年2月。映画の第1作『エピソード4/新たなる希望』(1977年)と『エピソード5/帝国の逆襲』(80年)の間に、ダース・ベイダーの身に起きたことを描いたシリーズだ。

    同シリーズは全25巻で完結。その後さらに、アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに落ちてダース・ベイダーとなった『エピソード3/シスの復讐』(05年)の直後から始まる、同じく全25巻のシリーズ2が発表された。

    そして2月5日、同シリーズが再び帰ってくる。今回明かされるのは、『エピソード5』後から『エピソード6/ジェダイの帰還』(83年)が始まるまでのダース・ベイダーの物語。第1巻の発売に先立ち、スター・ウォーズ公式サイトに7ページのプレビューが掲載された。

    新シリーズ第1巻では、クラウド・シティで息子のルーク・スカイウォーカーと対決したベイダーが故郷の惑星タトゥイーンを訪れたことが明かされる。浮き彫りになるのは、マスクの下で揺れ動くベイダーの感情だ。妻パドメ・アミダラを亡くしたことと、「親子で銀河支配を」との誘いを拒まれ実の息子を失ったことを、ベイダーが結び付けて考えていることが描かれる。

    ダークサイドに落ちるきっかけ

    プレビューは、ベイダーがルークの故郷である水分農場の焼け跡に降り立つ場面から始まる。ドロイドはベイダーに、かつてアナキン(ベイダー)の母と、その夫でベイダーの義父クリーグ・ラーズが所有していた家の中を案内。その親族オーウェン・ラーズ夫妻がルークを養子にしたことに関する記録が、ほとんど残っていないと説明する。

    ルークの部屋を探索するうち、ベイダーに自らの幼少期の記憶がよみがえる。それに続いて、タスケンの虐殺の暗い記憶が彼を襲う。彼がダークサイドに落ちるきっかけの1つとなった悲惨な事件だ。

    新シリーズ第1巻はベイダーの心の奥深くにあるトラウマを明らかにし、息子ルークとの対決が彼の感情にどのような影響を及ぼしたのかを探っていく。それは映画の中では描かれなかったベイダーの姿。映画では、彼がこれほどの葛藤に苦しんだのは、皇帝パルパティーンを裏切って死に至らしめたときだけだったことになっている。

    コミック版はこれまでも、映画の出来事のその後を深く掘り下げることで、ベイダーの「感情」を描いてきた。新シリーズのプレビューは、彼にまだまだ隠された感情があることを示唆している。

    『エピソード6』でルークは父に「あなたの心の中に葛藤を感じる。憎しみを外に追い出してください」と語り掛けた。コミックを読んだ後は、この言葉がまた新たな重みを持つことになりそうだ。

    <本誌2020年2月4日号掲載>

    20200218issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 2

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 3

      米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

    • 4

      日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

    • 5

      新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

    • 6

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 7

      キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

    • 8

      コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

    • 9

      中国共産党化する日本政治

    • 10

      白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 7

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 8

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 9

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 10

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う