Newsweek

中国

欧州などに医療支援隊を派遣する習近平の狙い:5Gなどとバーター

2020年3月16日(月)13時00分
遠藤誉(中国問題グローバル研究所所長)

    新型ウイルス肺炎が世界に拡大 イタリアで感染相次ぐ Flavio Lo Scalzo-REUTERS

    10日の習近平武漢入りと合わせて中国から医療支援隊を海外に派遣し「共闘」をアピール。責任追及をかわすだけでなく、なんと、一帯一路や5G協力などへの交換条件を提示している。経済復興段階に入るつもりだ。

    中国、海外に医療支援隊を派遣

    習近平国家主席が新型コロナ発生以降、初めて武漢入りしたのは3月10日だが、3月9日を含めたそれ以降の中国の動きを見ると、習近平が何をしようとしているか、狙いが見えてくる。

    3月11日、中国赤十字会副会長の一人を代表とする医療支援部隊がイタリア行きのチャーター便でイタリアに向かった(イタリアに行くため上海に飛んだ)。医療支援部隊は国家疾病制御センター、四川大学華西医院、四川省疾病制御センターなどの専門家グループや医者看護士医療関係者などから成り立っており、人道救援物資なども運んでいる。

    3月12日、中国共産党機関紙傘下の環球網は中国の最初の防疫対外支援専門家チームのチャーター便がイタリアに赴いたと報道した

    それによれば、9人の医療専門家と31トンの医療物資(ICU病床設備、医療用防護用品、抗ウイルス薬剤、健康人血漿と新型コロナウイルス感染回復者の血漿など)を携えて上海からローマに直行したという。

    四川省は主としてイタリアを支援し、 江蘇省はパキスタンを、上海はイランを、そして広東省はイラクをというように、いくつかの省が一つの国を担当する。

    「中国が世界を救うのだ!」という真逆の宣伝

    免疫学の最高権威である鍾南山院士(博士の上のアカデミックな呼称)をトップとする専門家チームを擁する国家衛生健康委員会の提唱により、中国では2月7日から「一省包一市」という医療体制が実施されていた。

    武漢市は全国の医療部隊が集中的に派遣されたが、武漢市以外の湖北省全体の各地区における医療体制が不十分なので、中国全土の19の省(直轄市・省・自治区)から医療支援部隊を湖北省の16の地区にそれぞれ派遣して医療体制を補完し構築するというやり方である。

    これもあって湖北省は医療崩壊から逃れて、新型コロナ禍を脱することができたのに、3月12日のコラム<習近平の武漢入りとWHOのパンデミック宣言>で書いたように、習近平はまるで「自分の手柄」のような「勝利宣言」をせんばかりの勢いだ。そのコラムにも書いたように中国の民衆はこの現象を「摘桃子(ズァイ・タオズ)」(他人の栄誉を横取りして自分の功績とする))と嘲笑っているが、その勢いは留まるところを知らない。

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

    • 4

      シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

    • 5

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 6

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 7

      中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

    • 8

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 9

      日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

    • 10

      どれだけ長生きできるかはお金で決まる? 東京、大…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

    • 5

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 6

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 7

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 8

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 9

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

    • 10

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 4

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 5

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 6

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と