Newsweek

感染症

新型コロナウイルス「春になれば感染拡大は収まる」は本当か

2020年3月1日(日)13時18分

    公衆衛生当局者や企業、金融市場は、北半球に暖かい天気が到来することで新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化するのかどうか、兆候を得ようと努めている。写真は23日、東京の上野公園をマスク姿で歩く人々(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)

    公衆衛生当局者や企業、金融市場は、北半球に暖かい天気が到来することで新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化するのかどうか、兆候を得ようと努めている。感染症拡大の季節的特徴で、分かっていることは以下の通り。

    新型ウイルスは季節性があるのか

    それこそ、一部の感染症専門家が願っていることだ。しかし、彼らはまだ、そう確信できない。科学者が必要な証拠を集められるほど、まだウイルスが出回ってから長くないからだ。

    英イーストアングリア大学の感染症専門家ポール・ハンター氏は「われわれはとにかく、同様な広がり方をする他の疾病からの類推を続けていかなければならない」と語る。

    科学者が知っているのは、インフルエンザのような呼吸器感染症や咳、悪寒には季節的な要因が影響し得るし、この季節要因によって発生の予見や封じ込めが容易になるということだ。さらに、特定の環境条件下でウイルス伝播が起きやすくなるということも分かっている。寒冷な気象、湿度の具合、そして冬の間の人々の過ごし方といったことがすべて、感染症の流行経路に影響する可能性がある。

    冬は呼吸器疾患の拡大を助長するのか

    英レディング大学の微生物細胞機構学の専門家サイモン・クラーク氏は「寒冷な気象が咳や風邪、インフルエンザの拡大につながると推定されるのは、冷たい空気が鼻腔や気道の炎症を引き起こし、それによってウイルスの影響を受けやすくなるからだ」と説明する。

    冬季は人々が室内で一緒に固まって過ごす時間が増えがちでもある。これも感染のリスクを高める。

    今回のウイルス感染症を含む多くの呼吸器疾患は、感染した人が咳やくしゃみをしたときに飛び散る飛沫を通じて広がる。専門家によると、空気が冷たくて乾燥していると、飛沫が空気中でより長く漂いやすく、より長距離を移動、より多くの人々を感染させる。

    それなら春の訪れで、新型ウイルスは制圧されるのか

    レディング大学のクラーク氏は「春に小康状態になることはあり得る」としつつ、「春が来ることで状況がさらに悪化することは考えにくいが、われわれは確かなことは分からない。まったく経験に基づく推測でしかないのだ」と話す。

    イーストアングリア大学のハンター氏も同様で、「北半球で夏の数カ月にこの病気が急減することは考えられるが、それが再び増えるのかどうかは、まだ分かっていない」と指摘。「夏場におおむね姿を消していて、冬になって再流行しても驚かない」という。

    [ロンドン ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    【関連記事】
    ・新型コロナウイルス感染広がるイタリア ローマ法王が病もバチカン重病説を否定
    ・新型コロナウイルスの流行で中国は野生動物を食べなくなるか
    ・世界経済を狂わせる新型コロナウイルスの脅威──最大の影響を受けるのは日本


    20200303issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年3月3日号(2月26日発売)は「AI時代の英語学習」特集。自動翻訳(機械翻訳)はどこまで使えるのか? AI翻訳・通訳を使いこなすのに必要な英語力とは? ロッシェル・カップによる、AIも間違える「交渉英語」文例集も収録。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は韓国版Netflix育成を宣言

    • 4

      新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

    • 5

      オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

    • 6

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 7

      「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

    • 9

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 6

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 7

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 8

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 9

      北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 6

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 7

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 10

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場