Newsweek

イラン

新型コロナ危機のイラン、アメリカの支援申し出を拒否

2020年3月3日(火)15時50分
デービッド・ブレナン

    イラン第2の都市マシュハドの有名な聖廟も消毒の対象に(2月27日) WANA/REUTERS

    <死者数は中国に次ぐ2位、複数の政府高官が感染し最高指導者ハメネイ師の側近が死亡するなど感染拡大はとどまる気配がないが>

    ドナルド・トランプ米大統領は、新型コロナウイルス問題でイランに支援の意志を表明したが、イラン政府の当局者がこれをはねつけた。イランでは同ウイルスの感染が急速に拡大しており、3月2日には最高指導者ハメネイ師の側近が感染により死亡している。

    同国外務省のアッバス・ムサビ報道官は2日、アメリカは新型コロナウイルスの感染拡大をイランに対するプロパガンダに利用して、国の団結を損なわせようとしていると主張した。

    メヘル通信によれば、ムサビは「イランで感染が拡大し始めてから、アメリカは反イランのプロパガンダを主導し、さまざまな手段でイラン国民の士気を低下させようとしている」と主張。彼はさらに、イラン政府はアメリカによる支援の申し出に「疑いを抱いて」おり、その裏には政治的な動機が隠されているはずだと批判。「支援は必要ない」と一蹴した。

    イランは新型コロナウイルスの感染拡大で最も深刻な影響を受けている国のひとつで、同国の保健省によれば、これまでに1501人が感染。死者の数は、中国本土以外で最多の66人にのぼっている。同ウイルスは世界全体でこれまでに8万9000人を超える感染者が確認され、死者の数は3000人を突破した。

    政府高官にも複数の感染者

    この死者の中には、イラン政府の当局者も含まれている。2日には、公益判別会議(ハメネイ師の諮問機関)のメンバーであるモハンマド・ミルモハマディ(71)がテヘランの病院で死亡。国会議員に選出されて間もないモハンマド・アリ・ラメザニと、元駐バチカン大使のハディ・コスロシャヒも同ウイルスの感染により死亡している。

    このほかにも、イラン初の女性副大統領であるマスメ・エブテカール(女性・家族問題担当)をはじめとする、複数の政府高官が新型コロナウイルスに感染している。エブテカールは感染が確認される前日に閣議に出席し、ハサン・ロウハニ大統領の近くに座っていた。

    そのほかの主な感染者は、イスラム教シーア派の聖地コム選出の国会議員で、イラン国会の国家安全保障・外交問題委員会の委員長を務めるモジュタバ・ゾルヌール、コムにある医科大学の学長で同市のウイルス対策を率いていたモハマド・レザ・ガディル博士、政府の新型コロナウイルス対策を統括していたイラジ・ハリルチ保健次官などがいる。

    <参考記事>新型ウイルス、中東4カ国で感染初めて確認 イランから拡大
    <参考記事>イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:台湾の力量

    本誌 最新号

    特集:台湾の力量

    コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

    2020年7月21日号  7/14発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

      • 5

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 6

        24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

      • 7

        生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

      • 8

        世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

      • 9

        「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

      • 10

        どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 6

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 7

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 8

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 9

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 10

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由