Newsweek

東京五輪

もし開催でも、アメリカは東京五輪をボイコットすべきだ

2020年3月23日(月)17時55分
ジョエル・アンダーソン(スレート誌記者)

    日本に到着した聖火を出迎える大会組織委員会の森喜朗会長(左) ISSEI KATO-REUTERS

    <新型コロナウイルス・パンデミックの真っ最中に大規模な国際イベントを開催することがいかに無謀か。アメリカの五輪ボイコットは前例のないことではない>

    新型コロナウイルスが引き起こした大混乱の中で、つい忘れられがちな出来事が3月20日にあった。五輪の聖火が日本に到着したのだ。

    コロナウイルスは人々の生活や各種イベントの計画に大打撃を与えている。スポーツも例外ではない。だが2020年東京五輪に関しては、7月の開催当日までに状況が好転するのではないかという楽観論が根強く残っている。

    安倍晋三首相は3月17日の記者会見で、人類がウイルスに打ち勝つ証しとして五輪を開催したいと語った。ちょうど同じ日、日本オリンピック委員会(JOC)の副会長を兼務する日本サッカー協会の田嶋幸三会長がコロナウイルスの感染検査で陽性と判明。世界中のサッカー関係者が大急ぎで田嶋との接触があったかどうかを確認する羽目になった。

    この一件だけでも、パンデミック(世界的な大流行)の真っ最中に大規模な国際イベントを開催するのがいかに無謀か分かりそうなものだ。既に東京五輪の中止または延期を求める声が各方面から上がっている。もしIOC(国際オリンピック委員会)が賢明な判断を下せないのであれば、米オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)はボイコットを宣言すべきだ。

    今やアメリカ国内のスポーツ・イベントは軒並み中止または延期されている。レスリング、ボート、飛び込みなど、一部の五輪予選も延期が決まった。USOPCもコロナウイルス感染拡大への懸念を理由に2カ所のトレーニングセンターを閉鎖したが、東京五輪については今のところ参加する前提で動いているようだ。多くの選手たちも、まだ日本行きを諦めていない。今月、何人かのレスリング選手は既に五輪予選を戦った。ビーチバレーのペアは五輪出場資格を得るためオーストラリアに向かう予定だったが、大会は直前で延期された。18日には、東京大会で初実施される空手の女子代表が決定した。米陸上連盟は今も6月の五輪予選開催を目指す姿勢を変えていない。

    アメリカの五輪ボイコットは前例のないことではない。40年前の今月、当時のカーター大統領はソ連のアフガニスタン侵攻を理由に1980年モスクワ大会のボイコットを発表した。

    日本では19日、最も影響が大きかった北海道でコロナウイルスの爆発的な感染拡大は回避されたとして、緊急事態宣言を終了した。だが、感染者が再び急増する事態がないとは言い切れない。現に同じアジアの韓国、中国、シンガポールは、感染拡大の第2波に直面している。

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

    • 4

      シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

    • 5

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 6

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 7

      中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

    • 8

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 9

      日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

    • 10

      どれだけ長生きできるかはお金で決まる? 東京、大…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

    • 5

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 6

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 7

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 8

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 9

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

    • 10

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 4

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 5

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 6

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と