Newsweek

アメリカ社会

コロナ感染爆発のニューヨーク、「医療崩壊は不可避」と州知事

2020年3月27日(金)16時15分
ジェニ・フィンク

    新型コロナ感染拡大の最前線となったニューヨーク州は、1日の死者が100人にのぼる危機モードに(写真は3月25日、マンハッタン) Carlo Allegri-REUTERS

    <全米でもいち早く新型コロナ危機に目覚めたニューヨーク州のクオモ州知事が、毎日の記者会見で迫り来る運命を州民に語り、協力を求めながら対策を進めててきた医療崩壊との戦い>

    米ニューヨーク州では新型コロナウイルスの感染者が急増しており、同州のアンドリュー・クオモ知事は3月26日の会見で、さらなる病床の確保が急務だと指摘。「今後どのようなシナリオでも、現在の医療システムの受け入れ能力では足りないのは明らかだ」と語った。

    クオモは会見の中で、可能な限り感染者の増加を抑えるという目標は変わらないが、現時点では、病院が適切に対応できるレベルに抑えるのは無理だと説明。そのため、既存の施設を一時的に病院として使用することで病床を増やせないか、検討しているところだと語った。

    現在、米陸軍工兵隊がニューヨーク市の見本市会場ジャビッツ・センター、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、多目的アリーナのウェストチェスター・カウンティセンターとニューヨーク州立大学オールド・ウェストバリー校のキャンパスに仮設病院を設立中。この4カ所に加えて、当局がさらに仮設施設の建設地を探しているところだという。最終的にはマンハッタンの5つの区すべてと、隣接するナッソー、サフォーク、ウェストチェスターおよびロックランドの各郡にそれぞれ1000床以上を確保することが目標だ。

    病床を5万から14万に

    ニューヨーク州は新型コロナウイルスの感染拡大が米国内で最も深刻で、ジョンズ・ホプキンズ大学によれば国内の感染者6万9246人のうち3万3000人以上を占めている。ほかの州に比べて死者の数も最も多く、これまでに少なくとも353人が死亡した。

    クオモはまた、同ウイルスに感染しても大部分の患者は大がかりな治療を受けずに回復できるが、約15%の患者は入院の必要が生じると説明。65歳以上の高齢者や持病のある人など抵抗力の弱い人々が、入院する可能性が高いとした。

    感染の拡大を抑えるために、クオモは住民同士の接触を制限する複数の措置を導入。レストランやバーの営業はテイクアウトか宅配サービスのみに限定し、規模にかかわらず全ての集会を禁止し(食料品店や薬局などの)。生活必需品を除く全ての店舗の閉鎖を命じた。

    並行して、病院の受け入れ能力を拡大するための手も打っている、とクオモは説明。寮やホテルなどの既存の施設を病院として使うだけでなく、各病院に対しては、受け入れ能力を現在の1.5倍から2倍に増やすよう求めた。最終的には病床数を現在の5万3000床から14万に増やしたい考えだ。

    <参考記事>「アメリカの医療システムは新型コロナの津波に呑み込まれる」
    <参考記事>3Dプリンターとシュノーケリングマスクで人工呼吸器の試作に成功、伊ベンチャー

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 5

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 6

      北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

    • 7

      ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

    • 8

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 9

      新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

    • 10

      アメリカはコロナ感染の「第2波」に入ったのか?

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 7

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 8

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 9

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 10

      北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 4

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 6

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 7

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 8

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 9

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 10

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場