Newsweek

自宅・家庭用Wi-Fi

設置工事なしでも自宅でWi-Fi環境が楽しめる 簡単、手軽な「ソフトバンクエアー」に注目!

PR

2020年3月19日(木)11時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ 広告制作チーム

    <新年度を迎えるこの時期、自宅のインターネット接続を検討している人も多いはず。一般的にはWi-Fi環境を作るには設置工事が必要だが、最近では「工事がいらない」サービスも登場している>

    新居に引っ越した際に、まず頭を悩ませるのがインターネット接続。一般的にはプロバイダーとブロードバンドの契約をすることが多いが、その場合は業者に自宅へ来てもらって設置工事を行う必要がある。そのため、申し込みから実際にインターネットを利用できるまでに1カ月以上かかってしまうこともある。また、Wi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターが必要で、設定の手間もかかってしまう。

    電源コードをコンセントにさし込むだけでWi-Fiが利用可能

    そこで注目されているのが「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」。2月末からテレビCMが放送されているので、見たことのある人も多いだろう。おなじみ白戸家の上戸彩さん、お父さんも登場し、俳優の的場浩司(こうじ)さんと漫才コンビのU字工事さんが画面から消えるコミカルな演出で「工事がいらない」ことをアピールしている。

    ソフトバンクエアーの特長は、使い始めるまでの手軽さ。高さ22.5センチのコンパクトなAirターミナルを部屋に置き、電源コードをコンセントにさし込むだけで設定が完了する。配線を繋ぐ面倒な手間もなく、白いおしゃれなAirターミナルはどんなインテリアにもマッチする。工事の必要がないため、自宅に業者が入ることに抵抗がある人や、機器の設定が苦手な人にとっては最適な選択肢だ。

    それならモバイルWi-Fiルーターでもいい、という考えもあるかもしれないが、ソフトバンクエアーはデータ通信量に制限がない*のが強み。YouTubeなどの動画の視聴でも、残りのデータ容量を心配する必要はなく使い放題。また、光回線との比較では前述の通り工事が不要なだけでなく、申し込みから短期間で利用できるようになるのも特長の1つだ。

    *ベストエフォート形式のため、お客様の通信環境により実際の通信速度は変化します。ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。詳しくはSoftBank Airの速度制限などについてをご確認ください。


    SoftBankAirTU0202.jpg

    家族全員のスマートフォン料金が割引になる「おうち割 光セット」

    基本料金は月額4,880円(税別)だが、開始から12カ月間はスタート割が適用され月額3,800円(税別)に。ソフトバンクのスマートフォンを合わせて使う*と、スタート割で月額4,300円(税別)になり、さらにスマートフォンの通信料が永年にわたって1,000円(税別)割引になる。例えば、家族4人がソフトバンクのスマートフォンを使うと、毎月合計で4,000円(税別)の割引(おうち割 光セット)になる。

    *データプランメリハリ、データプランミニフィット、データプラン50GB+、データプランミニ、データ定額 50GBプラス/ミニモンスター、データ定額 50/20/5GBの場合


    通信や回線の品質については実際に使ってみないと分からないと言う人にとって、安心な制度も設けられている。Airターミナル機器の受け取り日を1日目として8日以内に契約解除の連絡をすれば、初期費用や通信料金、端末料金が免除される「初期契約解除制度」*だ。

    *ご利用になった料金(キャンセルまでの基本使用料および通話料・通信料など)はお支払いが必要です。ご申告内容によってはキャンセルをお受けできない場合があります。


    ビジネスパーソンにとって、これから多くの企業で導入が進むテレワークも、自宅にWi-Fi環境があればスムーズに対応できる。シニア世代なら、離れて暮らす子供や孫とのテレビ電話、ニュースやお気に入りの動画の視聴、ネットショッピングなどをタブレットやスマートフォンで簡単に楽しめる。「ソフトバンクエアー」は、Airターミナルが届いたその日からWi-Fi環境をフル活用できるのが魅力だ。

    ○ソフトバンク株式会社
    SoftBank Air(ソフトバンクエアー) 詳しくはこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

    • 3

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

    • 4

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 5

      トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

    • 6

      ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

    • 7

      横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

    • 8

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 9

      世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

    • 5

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 10

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩