Newsweek

コロナ危機後の世界経済

中国経済は本当に世界を「V字回復」へと導けるのか?

2020年4月1日(水)17時15分
キース・ジョンソン

    コロナの警戒レベルが引き下げられて街へ繰り出す人々は増えたが、上海ではまだマスク姿の人々が目立つ(3月23日) Aly Song-REUTERS

    <コロナ禍が一段落して経済活動が復活――大幅成長が予想される中国の現状と欧米各国の今後の行方を読み解けば......本誌「コロナ危機後の世界経済」より>

    中国が「通常営業」に戻り始めているようだ。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国内各地で封鎖状態が始まってから約2カ月。重要な指標である電力需要や鉄鋼需要、自動車生産台数は、通常時と大差のないレベルまで回復しつつある。

    20200407issue_cover200.jpg

    ならば、パンデミック(世界的な大流行)の渦中にある欧米も4〜6月期に被る大打撃を乗り越えて、今年後半には経済回復を見込めるのか。

    言い換えれば、こういうことだ。最悪の第2四半期を予測しつつも、 先行きを楽観視しているらしい大半の専門家の見方どおり、世界の経済大国は今も「V字回復」路線をたどっているのか。それとも、航空会社から飲食店まで全ての業界が完全閉鎖された今、これらの国々は「死」 を迎えようとしているのかーー。

    とりわけアメリカの場合、この問いは重大な意味を持つ。新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるべく、限定的な外出制限を開始してからわずか数日後、ドナルド・トランプ米大統領は早期に正常化を図りたいとの意向を明らかにした。

    トランプは3月24日、4月12日のイースター(復活祭)までに経済活動を通常どおりにしたいと発言。イースターは「素晴らしい時期」だから、との理由だ。

    新型肺炎流行の出発点であり、それに伴う経済的混乱を最初にして最悪の形で味わった中国の現状は、今から数カ月後のアメリカの予想図と言えなくもない。

    中国の国内活動は多くの点で通常に近い状態に戻り始めている。上海や北京では交通渋滞が復活し、大半 の主要都市の渋滞度も昨年の平均にじりじり迫る。金融大手ゴールドマン・サックスの指摘によれば、封鎖中に短期間ながら改善していた中国の大気汚染は、石炭火力発電所の操業再開で元どおりになり、鉄鋼などの重工業分野への需要は既に2018〜19年の水準に回復している。

    中国の大手自動車メーカーの多くは生産を再開。住宅販売戸数は、いまだ近年の水準には届いていないものの、上向き始めている。

    データを見る限り「かなり堅調に回復しているようだ」と語るのは、 国際金融研究所の主任エコノミスト、 ロビン・ブルックスだ。中国の1〜3月期のGDPは大幅縮小するが、 4〜6月期には「V字を描いて」回復すると、ブルックス率いるチームは予測。今年後半に入る頃には、成長再開へ向かう傾向を示すはずだ。

    中国の現状は心強い材料だ。とはいえ、欧米各国の経済が今後6週間ほどで、無傷に近い状態に復活する と考えていいとは限らない。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は韓国版Netflix育成を宣言

    • 4

      新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

    • 5

      オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

    • 6

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 7

      「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

    • 9

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 6

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 7

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 8

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 9

      北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 6

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 7

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 10

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場