Newsweek

日本人が知らない 休み方・休ませ方

日本人は本当の「休み方」を知らない──変われないのはなぜか

2020年5月14日(木)10時40分
宇佐美里圭、森田優介(本誌記者)

    ILLUSTRATION BY STUDIOSTOKS/SHUTTERSTOCK

    <働き方改革が進むなかコロナ禍で在宅勤務が拡大──「働く」と「休む」の境界線が問われている。本誌4月21日号「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集より>

    イタリア出身で在日15年になる女性(39)は、日本の大学院を卒業後、日本の翻訳会社に就職した。主な業務は、日本の企業が発注する技術翻訳の下請け。この業界はクライアントの力が強く、厳しい条件を突き付けられても引き受けざるを得ないことが多い。結果、残業も土日出勤も日常茶飯事。夜は9時に退社できればいいほうで、家に仕事を持ち帰ることも当たり前だった。
    20200421issue_cover200.jpg
    10年間勤めたが、その間イタリアに帰れたのはたった2回。とてもじゃないが、長期休暇を取れる雰囲気ではなかった。

    「仕事が好きだったし、同僚にも恵まれてやりがいもあった」と、彼女は言う。「でも、部下を持つようになったら仕事量が一気に増えて、体力の限界を感じた」

    1年ほど前に外資系の翻訳会社に転職。仕事内容は似ていても、労務管理がしっかりしており、1年目にして年次有給休暇は15日間消化することができた。有休は100%消化して当然という雰囲気があるという。

    日本企業は非生産的、日本人は働き過ぎ──私たちは耳にたこができるほどそう聞かされてきた。働き方改革関連法の施行から今年4月で1年。1年の猶予期間を設けられていた中小企業にも本格施行されるようになったが、日本の労働環境は「改革」が進んでいるだろうか。

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今は働くどころではなく、休業に追い込まれている人もたくさんいるだろう。ほんの数カ月前まで名前さえ聞いたこともなかったウイルスが、働き方にも別の形で「変革」を迫ってきていると言える。その一つが、リモートワークの拡大だ。

    しかし、それも現状では心もとない。インド生まれで、東京の外資系企業に勤める女性(36)は最近、社内で「メールハラスメント」が問題になったと語る。夜中に上司からメールが来て、スマホのアラートが鳴る。寝ていても早く返事しなければならないプレッシャーにさらされた社員が会社に訴え、平日の夜10時以降と週末はメールが禁止になったという。同社は外資系だが社員の90%以上が日本人。その部署の上司次第だが、働き方は日本企業色が強い。

    「テクノロジーのおかげで家で仕事ができるようになったが、日本の場合はそれが逆効果になっている」と彼女は言う。「実際の労働時間は何時までなのだろうと思ってしまう」

    コロナ禍によるリモートワークの拡大で、いま改めて「働く」と「休む」の境界線が問われている。

    知らないうちに有休を消化

    まず、日本人の休暇の実態を把握したい。国別の年間休日数は2016年の厚生労働省のデータによると、日本は138.2日。イギリス、フランスは137日、イタリアは139日、ドイツは141日だった。年間休日数を見る限り、意外と日本も欧米並みに休んでいる。

    しかし、大きく違うのはその内訳だ。年間休日数のうち、日本は有給休暇が18.2日なのに対し、イギリス、フランス、イタリアは25日、ドイツは30日。その代わり、日本の土日以外の休日は16日、イギリスとフランスは8日、ドイツは7日、イタリアは10日だ。つまり、日本は一斉に休む祝日が「休日」の大半であり、自由に休める休暇は少ない。

    magSR200513_figure2.jpg

    本誌2020年4月21日号22ページより

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

    • 2

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

    • 3

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 4

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 5

      相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

    • 6

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 7

      NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

    • 8

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 9

      日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

    • 10

      北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 3

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 4

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

    • 5

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 6

      モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

    • 7

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 8

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 9

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 10

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 1

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 2

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る