Newsweek

韓国

韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑惑を91歳が告発

2020年5月18日(月)18時55分
テジョン・カン

    毎週水曜日の正午にソウルの日本大使館前で行われる水曜集会(2019年8月) KIM HONG-JI-REUTERS

    <被害者女性を支援してきた「正義連」前理事長で、4月の総選挙で当選も果たした著名活動家に疑惑。元慰安婦の告発者は日本大使館前の抗議集会も批判した>

    韓国で「慰安婦問題」がまたも話題になっている。ただし今回、批判の矢面に立たされているのは元慰安婦の支援団体、特に長年支援活動を先頭に立って引っ張って来た韓国の著名な活動家だ。

    「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長は、被害者女性支援のための寄付金を不正に流用したとして告発されている。

    正義連の前身は1990年に設立された「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)。元慰安婦の権利を擁護し、日本政府の全面的な謝罪と賠償を求める活動を展開してきた。

    また、被害女性の権利回復、女性に対する戦争犯罪の告発、アジア全域の平和推進にも重要な役割を果たしてきた。尹は正義連の主要人物の1人で、与党陣営から4月の総選挙に立候補して当選した。

    尹への疑惑が浮上したのは、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス、91)が寄付金の使途に疑問を呈したことがきっかけだった。

    保守系紙・朝鮮日報によると、正義連は2018年に元慰安婦の権利を訴えるイベントを開催した後、全国にパブチェーン店を展開するディオブリューイング社に約3300万ウォンを支払ったと国税当局に報告した。

    だが同社は朝鮮日報の取材に対し、イベントの費用は約970万ウォンにすぎず、そのうち約540万ウォンは寄付金として主催者に返したと答えた。これが事実なら、正義連は税務当局に支出を誇張して報告していたことになる。

    正義連がこのイベントに使ったと主張した金額(約3300万ウォン)は、同じ年に直接慰安婦支援に使った金額(約2300万ウォン)よりも多い。

    正義連は朝鮮日報の報道に対し、その年に実施した全てのイベントの全ての費用をディオブリューイングへの支出として一括処理したと説明したが、この弁明は正義連の会計処理のやり方に対する疑念を深めただけだった。

    騒ぎが大きくなるなかで、注目を一身に集めているのが正義連を長年率いてきた尹だ。野党議員からは国会の議席を返上するよう求める声も上がっている。

    過去の会計内容を全て明らかにするよう求める声が高まるなか、正義連は記者会見を開き、尹は会計処理に誤りがあったことを認め、少ない人手で多くの事務処理をこなす市民団体にありがちなことだと説明した。

    一方、毎週開催している抗議デモ「水曜集会」について正義連は、今回の疑惑や世論の批判とは関係なく継続する意向を示した。正義連は挺対協時代の92年から、毎週水曜日の正午にソウルの日本大使館前で生存している元慰安婦や支持者らと抗議集会を行い、戦争時の女性に対する暴力の根絶、正義の実現と人権を訴えている。

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

    • 3

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 4

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 5

      「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

    • 6

      未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

    • 7

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

    • 8

      EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

    • 9

      「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

    • 10

      ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 3

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 4

      バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

    • 5

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

    • 6

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

    • 7

      入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

    • 8

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

    • 9

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 10

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 8

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 9

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 10

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶