Newsweek

新型コロナウイルス

中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

2020年7月14日(火)17時55分
ハナ・オズボーン

    エレベーター内のどこか表面に触っただけなのにクラスター発生 Zephyr18/iStock.

    <たった一人でこの感染力。しかも本人は無症状──このことから言えるのは、市中感染はいつでも起こり得るということだ>

    今年3月中国で、エレベーターを一度利用しただけの女性が、推定71人に新型コロナウイルスを感染させたことが、米疾病対策予防センター(CDC)のサイトに掲載された研究報告で明らかになった。

    この女性は、二次感染させた誰とも直接は接触しておらず、接触機会といえば、アパートのエレベーターに一緒に乗っただけだった。こうした「スーパースプレッダー」の事例は、新型コロナウイルスの感染者が1人いるだけで「広範囲の市中感染」に発展する可能性があることと、自主隔離でウイルスを抑制することの難しさを示していると、研究チームは述べている。

    25歳のこの女性は、3月19日にアメリカから黒龍江省の自宅に帰宅。同省では3月11日以降、新規感染者は1人も出ていなかった。帰国時、女性は無症状だったため、自宅で自主隔離するよう指示された。それ以来、彼女が人と「接触」したのは自宅アパートでエレベーターに乗った時だけ。それも直接触れたわけではなく、空間を共有しただけだ。女性は、3月31日と4月3日にPCR検査と抗体検査を受けたが、いずれも陰性だった。

    あちこちで人が倒れ出す

    感染経路は非常に複雑だ。女性の部屋の階下に住む男性の家では、3月26日に泊まった母親とそのパートナーが3日後、パーティーに出かけた。4月2日、パーティー参加者の1人が発作を起こし、同じくパーティーに出ていた息子たちに付き添われて病院に搬送された。4月7日、母親のパートナーが新型コロナウイルス感染症を発症した。

    「(母親のパートナーである)男性は4月9日に陽性と確認された。このクラスターで最初に確認された感染者だ」と、新興感染症の学術誌「Emerging Infectious Diseases」には書かれている。その後、この男性と接触した複数の人も、検査で陽性の結果が出た。そのなかに、アメリカから帰国した女性と同じアパートに住む住民も含まれていた。

    4月2日に発作を起こした男性が、息子たちに付き添われて入院しているあいだに、病棟内ではほかに28人が新型コロナウイルスに感染した。さらに、看護師5人、医師1人、病院職員1人も感染した。男性が発熱後に転院した2つ目の病院でも、20人が感染したことがわかっている(入院男性は4月9日に感染が確認された)。

    感染経路をたどる中で、アメリカから帰国した女性の存在が幸運にも明らかになり、4月10日と11日に再検査を行った。その結果、IgG抗体が陽性と判明。以前に新型コロナウイルスに感染していたことを示唆する結果だ。研究者らは、この女性は無症状キャリアで、エレベーターのパネルなどを通じた接触感染で同じアパートの住民に感染を広げたと結論づけた。ほかの住民は検査の結果、全員が陰性だったという。

    <参考記事>新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管
    <参考記事>科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 7

      日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

    • 8

      「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

    • 9

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 10

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 3

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 4

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

    • 5

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 6

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 7

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 8

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 9

      伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

    • 10

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

    • 7

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 8

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 9

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と