Newsweek

災害

北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

2020年8月13日(木)19時08分

    米国の北朝鮮研究サイト「38ノース」は、北朝鮮の寧辺(ニョンビョン)核施設のポンプ室が、最近発生した洪水で被害を受けた可能性があるとの見方を示した。Airbus Defence & Space and 38 North/Pleiades © CNES 2020, Distribution Airbus DS/Handout via REUTERS

    米国の北朝鮮研究サイト「38ノース」は13日、北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)核施設のポンプ室が、最近発生した洪水で被害を受けた可能性があるとの見方を示した。

    今月6-11日の衛星写真を基に分析した。北朝鮮と韓国は記録的な大雨に見舞われており、洪水や土砂崩れで死者が出ている。

    寧辺の5メガワット原子炉は、ここしばらく稼働していないとみられ、実験用軽水炉もまだ稼働していないが、今後、同じような洪水が発生すれば、稼働停止に追い込まれる可能性が高いという。

    寧辺のウラン濃縮施設は被害を受けておらず、今月11日までに洪水の水位は幾分下がったとみられている。

    韓国国防省は38ノースの分析についてコメントを控えたが、北朝鮮の核・ミサイル開発状況を常に注視しており、米政府と緊密に連携していると表明した。

    北朝鮮国営メディアは寧辺の施設への被害について言及していないが、指導部が洪水の被災地を視察し、支援物資の提供や農作物への被害を防ぐ方法について指導を行ったと報じている。




    [ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    7月の衛星写真と明らかな違い



    左側が8月6日に撮影された写真、右側が7月22日撮影されたもの。中央のスライダーを左右に動かすと、中央を流れる九龍江(クリョンガン)の水位が大きく違っているのが分かる。 Defence & Space and 38 North/Pleiades © CNES 2020, Distribution Airbus DS/Handout via REUTERS


    【話題の記事】
    ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず
    ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
    ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見
    ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる


    2020081118issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    楽天ブックスに飛びます

    2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 2

      米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

    • 5

      新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

    • 6

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 7

      キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

    • 8

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 9

      コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

    • 10

      中国共産党化する日本政治

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 7

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 8

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う