Newsweek

ドイツ妄信の罠

「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

2020年10月27日(火)20時33分
ジェニファー・リンド(米ダートマス大学准教授)

    CDU党本部にあるアデナウアー元首相の写真の前を通るメルケル首相(09年) REUTERS/Wolfgang Rattay

    <日本がドイツ・モデルを見習って謝罪しても、東アジアの近隣諸国との関係改善にはつながらない。本誌「ドイツ妄信の罠」特集より>

    日本と近隣諸国との歴史問題の原因は、日本政府が戦時暴力を謝罪しなかったことにあるという意見をよく聞く。しばしば日本と比較されるドイツは戦後に謝罪し、被害者への補償を行い、歴史教育や追悼行事を通じて戦争の記憶を忘れない努力をしている。日本もドイツの例に倣えば、いずれ近隣諸国と和解できる、というのがこの主張の骨子だ。
    20201103issue_cover200.jpg
    こうした既存の「常識」には問題がある。ドイツ・モデルから間違った教訓を得ていることだ。他の和解の事例と同様、ドイツの経験が示唆しているのは謝罪ではなく、真実を語ることの重要性なのだ。

    アジアの人々は、戦時中の日本による暴力や収奪、あるいは植民地支配の屈辱、いわゆる「慰安婦」や「徴用工」の苦しみを記憶している。南京事件やその他のアジアの都市や村での蛮行も忘れていない。

    かつての敵国同士は、このようなトラウマをどうやって乗り越え、良好な関係を回復するのか。歴史的に見て、国家は過去の戦争を振り返る際に自国の苦難を強調し、兵士や指導者を英雄とたたえてきた。だが戦後の西ドイツ(および統一後のドイツ)は、戦時中の他国への暴力を償うという新しいモデルを発明した。

    第2次大戦後の西ドイツは、世界がかつて見たことのないレベルで過去と向き合った。指導者たちは謝罪を表明し、教科書にドイツの悪行と近隣諸国の苦難を記述し、都市には犠牲者を追悼する記念碑を建てた。

    今日のドイツは、かつての被害国と生産的で良好な関係を築き、自由主義陣営の中で高く評価される主要国の1つになっている。そのため日本もドイツの贖罪を見習うべきだという「常識」が出来上がった。

    謝罪は国内の反発を招く

    ドイツの経験から学ぶべきことは多いが、この主張にはいくつかの問題がある。まず、ヨーロッパの和解の時期を誤解している。西ドイツは過去を謝罪する前に、英仏と和解してNATOに加盟した。

    1950年代の西ドイツは、(特にソ連による)自国の苦難を強調していた。保守派のコンラート・アデナウアー首相(当時、以下同)は51年にイスラエルへの補償に同意したが、発表した声明は不都合な事実に向き合うことを巧妙に回避したものだった。有名な謝罪や追悼碑・博物館の設置は、60年代に左派が政権を取った後の出来事だ。

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

    • 3

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 4

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 5

      「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

    • 6

      未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

    • 7

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

    • 8

      EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

    • 9

      「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

    • 10

      ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 3

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 4

      バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

    • 5

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

    • 6

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

    • 7

      入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

    • 8

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

    • 9

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 10

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 8

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 9

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 10

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶