Newsweek

人体

ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が増えている

2020年10月12日(月)18時00分
松岡由希子

    2100年までに大部分の人が正中動脈を持つようになる...... Wikimedia

    <成人になっても正中動脈を保持している人が明らかに増えていることがわかった...... >

    ヒトは現在も独自に進化し続けている----。オーストラリアの研究チームがこれを示唆する研究成果を明らかにした。

    正中動脈は、前腕や手に血液を供給する主血管であり、ヒトの初期発生で形成されるが、妊娠8週あたりで退歩し、橈骨(とうこつ)動脈と尺骨(しゃくこつ)動脈がこの役割を担うようになる。このため、ほとんどの成人には正中動脈がないが、19世紀後半以降、成人になっても正中動脈を保持している人が明らかに増えていることがわかった。

    「2100年までに大部分の人が正中動脈を持つようになる」

    豪フリンダース大学とアデレード大学との共同研究チームが2020年9月10日に学術雑誌「ジャーナル・オブ・アナトミー」で発表した研究論文によると、2015年から2016年までに51〜101歳で死亡したオーストラリア人の上肢78本のうち、33.3%に相当する26本で正中動脈が見つかった。

    Human-Forearm.jpg

    正中動脈のスケッチ Credit: Prof. Dr. Hab. Maciej Henneberg, University of Zurich

    また、研究チームは、これまでの研究論文を分析。1880年代半ばに生まれた人のうち正中動脈を保持していたのは約10%であったが、20世紀末までにその割合が約30%に増えていた。研究論文では、一連の研究成果を「人体の内部構造における小進化的変化のひとつを示すものだ」と位置づけている。

    研究論文の筆頭著者でフリンダース大学のティーガン・ルーカス博士は「正中動脈を保持する人の割合が短期間で増えている。これは進化だ」と述べ、その原因として「正中動脈の発達に関与する遺伝子の突然変異や妊娠中の母親の健康問題が考えられる」と指摘。また、「この傾向が継続すれば、2100年までに、大部分の人が成人になっても正中動脈を持つようになるだろう」と予測している。

    「正中動脈によって、血液の供給量が増える」という利点

    正中動脈が保持され続けることで、手首の内側で末梢神経が圧迫され、手指のしびれや痛み、親指の脱力が起こる「手根管症候群」のリスクが高まる可能性がある。その一方、研究論文の責任著者でアデレード大学のマチェイ・ヘンネベルグ教授は「正中動脈によって、血液の供給量が増える」との利点を指摘している。

    時とともにヒトの解剖学的構造が変化している例としては、この研究成果のほか、英インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)の研究チームが2019年4月に発表した研究論文で「膝関節の後外側のファベラ腓骨靭帯内にある種子骨『ファベラ』を持つ人が1900年時点からこの100年で3.5倍に増えている」ことが示されている。

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実