Newsweek

教育

6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博士の苦悩

2020年10月22日(木)15時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

    新卒一括採用の慣行が根強い日本企業では、年齢を重ねた博士は受け入れられにくい gorodenkoff/iStock.

    <人文・社会科学、芸術といった文系専攻を筆頭に、日本の大学院博士課程修了者の就職をめぐる現実は極めて厳しい>

    昨今、日本の研究力低下が言われているが、それは博士号学位取得者の減少に如実に表れている。2005~16年にかけて、主要先進国では学位取得者が増えているのに対し、日本は減っている(科学技術・学術政策研究所「科学技術指標2020」)。大学院博士課程入学者も、2003年の1万8232人をピークに減少に転じ、2019年では1万4976人にまで減っている。

    博士課程修了者の行き場がないことが知れ渡ってきているためだろう。旧帝大で文学の博士号を取得し、日本学術振興会の特別研究員(SPD)に採用され、学士院賞まで取った研究者が、どこにも受け入れられず絶望して2016年に自殺した。これほどまで優秀な人でも就職先がない、という現実がある。

    博士課程修了者の進路が厳しいことは、統計にはっきりと出ている。<図1>は、2019年春の進路内訳を帯グラフにしたものだ。

    data201022-chart01.jpg

    人手不足の状況もあり、大学学部卒業生では正規就職率が8~9割に達するが、大学院博士課程修了者はそうではない。最も高い保健専攻(医学、歯学、薬学)でも7割ほどで、最も低い人文科学では2割だ。

    その代わり人文科学では、不穏な藍色のゾーンが垂れてきている。バイト、その他(進学でも就職でもない)、不詳・死亡という進路だ。人文科学では、これらの不安定進路の比率が6割にもなる。社会科学と芸術でも、不安定進路の比重が高い。

    不詳・死亡というカテゴリーだが、多くは連絡が取れず調査不能だったという人だろう。死亡率というのではない。しかし、修了して間もない5月時点で音信不通というのは穏やかではない。就職が厳しい人文・社会や芸術で高いことからして、行き場がない人の量的規模を表していると見て取れる。

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

    • 3

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 4

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 5

      「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

    • 6

      未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

    • 7

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

    • 8

      EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

    • 9

      「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

    • 10

      ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 3

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 4

      バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

    • 5

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

    • 6

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

    • 7

      入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

    • 8

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

    • 9

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 10

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 8

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 9

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 10

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶