Newsweek

ネコ

ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬きをした......研究結果

2020年10月13日(火)17時00分
松岡由希子

    「ゆっくりと瞬きするとネコと仲良くなりやすい」...... Elie Bitar-iStock

    <人がネコと同じように、ゆっくりと瞬きすると、ネコとの絆を構築できる効果があることが明らかとなった>

    ネコが目を細くしてゆっくりと瞬きをする仕草は、人の「デュシェンヌ・スマイル(本物の笑顔)」に相当するもので、ネコがリラックスをして、満足しているときによくみられる。そしてこのほど、人がネコと同じように、ゆっくりと瞬きすると、ネコとの絆を構築できる効果があることが明らかとなった。

    「ゆっくりと瞬きするとネコと仲良くなりやすい」

    英サセックス大学とポーツマス大学の共同研究チームは、2種類の実験を行い、ゆっくりと瞬きをする人に対するネコの反応を観察した。一連の研究成果は、2020年10月5日、オープンアクセスジャーナル「サイエンティフィック・リポーツ」で公開されている。

    最初の実験では、14世帯で飼育されている計21匹のネコをそれぞれ家の中でくつろがせ、飼い主には、ネコから約1メートル離れた位置で座り、ネコが飼い主を見たときにゆっくりと瞬きをしてもらった。その結果、座っているだけのときに比べ、飼い主がネコに向かってゆっくりと瞬きをすると、ネコも飼い主にゆっくりと瞬きをした。

    2つ目の実験では、別の8世帯で飼育されている計24匹のネコを対象に、これらのネコと初めて接触する研究チームのメンバーがゆっくりと瞬きをして反応を観察した。最初の実験の結果と同様に、研究チームのメンバーが無表情であったときよりも、ネコに向かってゆっくりと瞬きをしたときのほうが、ネコはゆっくりと瞬きをした。また、メンバーが無表情なときよりも、ゆっくりと瞬きをした後のほうが、ネコがメンバーに近寄ってくる傾向にあったという。

    人とネコとのコミュニケーションの検証

    研究論文の責任著者でサセックス大学のカレン・マッコム教授は、この研究を「人とネコとのコミュニケーションにおける『ゆっくりとした瞬き』の役割を初めて実験的に検証したものだ」と位置づけ、「ネコの飼い主の多くはすでに気づいていたことだが、その証拠を発見できたことは喜ばしい」と評価している。

    「リラックスした笑顔のように目を細めてから、数秒間目を閉じてみてください。ネコも同じように反応し、一種の会話を始めることができます」

    また、人がゆっくりと瞬きするとネコもゆっくりと瞬きをする理由について、筆頭著者のサセックス大学の心理学者タスミン・ハンフリー博士は、「人が『ゆっくりとした瞬き』を前向きなものと捉えたため、ネコがこの仕草を発達させた可能性がある。ゆっくり瞬きすると人からご褒美がもらえることをネコが学んだとか、凝視を中断させる手段としてゆっくりと瞬きするようになったといった説も考えられる」と述べている。

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実