Newsweek

昆虫

注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

2020年10月14日(水)17時15分
松岡由希子

    バージニア州林業省から注意が呼びかけられた「サザン・フランネル・モス」の幼虫 Virginia Department of Forestry-Facebook

    <「米国で最も危険なイモムシ」が米国東部のバージニア州の公園や建物の近くで相次いで目撃され、注意が喚起されている...... >

    ふさふさの長い毛で全身を覆われた「米国で最も危険なイモムシ」が米国東部のバージニア州の公園や建物の近くで相次いで目撃され、不用意に触れるのは非常に危険なため、注意が喚起されている。

    ふさふさとした毛に触れるのは非常に危険

    小さなウィッグのようなこの毛虫は、蛾の一種「サザン・フランネル・モス」の幼虫だ。ふさふさとしたネコのような毛を持つことから「プス・キャタピラー(ネコ毛虫)」とも呼ばれる。体長3〜3.5センチで、主にカシやニレの葉を食べて成長する。フロリダ州やテキサス州など、米国南部で多く生息しており、バージニア州で見つかるのは珍しい。

    content-1602243271-megalopyge-opercularispccp20040714-5799b.jpg

    サザン・フランネル・モスの成虫 Patrick Coin-wikimedia


    この毛虫のふさふさとした毛に不用意に触れるのは非常に危険だ。この毛は毒針で、人の皮膚に触れると、赤く格子状の刺し傷ができ、激しい灼熱痛を引き起こす。このような特徴的な症状に加え、頭痛や発熱、嘔吐、頻脈、けいれんなどの症状が起こることもあり、適切に治療しなければ致命的となるおそれすらある。

    Weber-1189665795a.jpeg

    Weber-iStock

    激しい痛みにより救急救命室(ER)で治療

    2020年9月4日にバージニア州東部ニューケント郡の自宅のガレージでこの毛虫に右足を刺された55歳の女性は、地域紙「デイリー・プログレス」で「焼けた刃物がふくらはぎの外側を貫通したようだった」と自身の経験を振り返る。

    この女性は、激しい痛みにより救急救命室(ER)で治療を受け、回復までに3日かかった。バージニア州林業省(VDOF)は、フェイスブックの公式アカウントで「この毛虫とソーシャルディスタンスをとるように」と注意を呼びかけている。

    分布域から外れたバージニア州でこの毛虫の目撃が相次いでいる原因については、明らかとなっていないが、米国では2020年の夏、猛暑に見舞われたことから、この蛾の分布域が北上した可能性もあるという。バージニア州林業省は、現時点では「この毛虫の個体数は天敵によって適切に制御されるだろう」との見通しを示している。

    Southern Flannel Moth Caterpillar, Megalopyge opercularis

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実