Newsweek

医療

マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

2021年1月14日(木)14時51分
アリストス・ジョージャウ

    幻覚作用のあるマッシュルーム。使い方を誤ると悲劇 Cavan Images/iStock.

    <煮出した「お茶」を静脈注射したところ下痢や吐血の症状が。臓器損傷が確認され集中治療室に運ばれる羽目に>

    幻覚作用のある「マジックマッシュルーム」の汁を静脈注射したアメリカ人男性(33)が、多臓器不全を起こして入院した。

    入院は22日間に及び、このうち8日間は集中治療室(ICU)だった。病院側が検査を行ったところ、男性が摂取したキノコ「ミナミシビレタケ」が「血液の中で育っていた」という。

    アリゾナ州フェニックスにあるクレイトン大学医学部の研究者たちが、コンサルテーション・リエゾン精神医学会の機関紙にこの男性の症例について研究報告を行なった。男性は双極性障害を患っており、静注薬物の使用歴があった。

    男性の家族は、男性が医師に処方された向精神薬を服用しないことがよくあったと研究者たちに語った。服用すると、うつ状態と躁状態を繰り返すことが多かったからだという。

    また報道によれば、マジックマッシュルームを自分の血管に注射する前、男性はオピオイド依存症とうつ病の治療法について色々と調べていた。その中で、ネット上に複数の人物が「幻覚剤のLSDや幻覚作用のあるきのこを少量摂取したら治療効果があった」と書き込んでいるのを見つけたという。

    キノコの力恐るべし

    そこで男性は、マジックマッシュルームを煮出して「お茶」をつくり、それを濾して自分の静脈に注射した。するとその後の数日間で、倦怠感や黄疸、下痢や吐血などのさまざまな症状が出始めた。研究報告によれば、見つけた家族が病院の救急外来に連れて行った時、男性は「ひどい混乱状態」に陥っていたという。

    病院のスタッフが検査をしたところ、男性には腎機能障害や肝障害など、複数の合併症が見つかった。多臓器不全と診断されてICUに運ばれ、点滴や抗生物質、抗真菌薬を投与された。その後もさらに敗血性ショックや急性呼吸不全を起こし、気管挿管が行われた。

    血液検査を行ったところ、男性は細菌と真菌に感染しており、血中でミナミシビレタケが育っているのが確認された。

    その後男性は症状が改善して退院したが、研究報告の執筆時点ではまだ、ミナミシビレタケが血中で育つのを防ぐための抗真菌薬をはじめ、複数の薬を服用していたということだ。

    精神活性物質の(幻覚作用を持つ)シロシビンを含むマジックマッシュルームは、通常は口から摂取されるが、まれに静脈注射される事例が報告されている。

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 5

      日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

    • 6

      ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

    • 7

      原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

    • 8

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 9

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 10

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 3

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

    • 4

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 5

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 6

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 7

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 8

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 9

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 10

      エヴァと私の26年

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリア内戦、10年目の絶望と救い