Newsweek

アメリカ政治

米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

2021年1月18日(月)14時54分
ハレダ・ラーマン

    カリフォルニア州の州兵施設から盗まれたのは、特別に装甲を強化した戦闘用ハンビーだ FBI

    <首都ワシントンや全米50州の州都では過激派の「武装デモ」やテロへの懸念が高まるなか、FBIは懸賞金付きでハンビーを追っている>

    大統領就任式を前に暴動などへの懸念が広がるアメリカで1月15日、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外にある州兵の施設から装甲が強化された軍用車両ハンビーが盗まれる事件が起きた。

    このハンビーは戦闘用で、事件を捜査しているFBIによれば12万ドルくらいの価値があるという。

    FBIは車の特徴や車体につけられた登録番号などを公開して車の行方を追っている。発見につながる情報には1万ドルの懸賞金がかけられている。

    FBIによれば、軍施設からの窃盗は連邦法に触れる行為で、最大で連邦刑務所での禁固10年の刑に処せられる可能性があるという。

    捜査を担当しているのはFBIロサンゼルス支部の重大窃盗事件班で、地元警察やカリフォルニア・ハイウエー・パトロール、ロサンゼルス郡保安官事務所の支援を受けているほか、州兵も協力している。

    アメリカでは6日、ドナルド・トランプ大統領の暴徒化した支持者たちがワシントンの連邦議会に乱入する事件があったばかり。この日、連邦議会ではジョー・バイデン次期大統領の当選を正式に確定する上下両院合同会議が開かれていたが、議員たちが一時避難する騒ぎとなり、警官1人を含む5人が死亡した。

    暴力事件の計画示す「ネット会話」も

    事件を受けて下院は、「反乱を扇動」したとしてトランプを弾劾訴追する決議案を可決。トランプは2度にわたり弾劾訴追されたアメリカ史上初の大統領となった。

    事件の後、20日のバイデンの大統領就任式に向けてワシントンが過激派の標的になるのではとの懸念が高まっている。

    AP通信によれば、武装集団の襲撃や、いわゆるソフトターゲットに対する爆破テロからワシントンを守るため、就任式に向け全米から2万5000人以上の州兵が集められる。

    一方で、全米各州の州都における暴力事件への懸念も高まっている。

    カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は14日、重要施設や州都サクラメントを守るため州兵1000人を動員すると明らかにした。

    「わが国の首都(ワシントン)で先週起きた事件にかんがみ、カリフォルニア州は州都および州全域における公共の安全を守るための重要な措置を取っている」とニューサムは声明で述べた。「州作戦センターは連邦や州、地域の捜査当局と連携し、ああした恥ずべき行為がここで繰り返されることのないよう、脅威を評価し情報を共有している」

    FBIによれば、大統領就任式前後に暴力的な事件が計画されていることを示唆する「インターネットでの会話」があったという。FBIは20日までにワシントンおよび全米の50州の州都で複数の集団が武装デモを行うと見られるとの注意喚起を何度も行っている。

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 5

      日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

    • 6

      ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

    • 7

      原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

    • 8

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 9

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 10

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 3

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

    • 4

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 5

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 6

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 7

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 8

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 9

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 10

      エヴァと私の26年

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリア内戦、10年目の絶望と救い