Newsweek

動物

あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

2021年1月23日(土)17時25分
ジョン・ロイド(BBCプロデューサー)、 ジョン・ミッチンソン(作家、リサーチャー) *東洋経済オンラインからの転載

    地球で最もどう猛な陸生動物と呼ばれる「ラーテル」とは? © Jean - CC-BY-2.0


    みなさんが学校で習ったことは、本当に正しかったのでしょうか?
    オトナになるまでなんとなく思い込んでいたけれど、真実はまったく違った! ということは意外と多いものです。
    イギリスでベストセラーになっている『頭のいい人のセンスが身につく 世界の教養大全』より、動物にまつわる意外な真実をお届けします。

    見た目が似ているアナグマとは別の動物

    Q地球上でもっともどう猛な哺乳類は?

    サバンナやジャングルで絶対に出会いたくないヤツは多い。

    しかし、それはトラでもカバでもない。

    アメリカの科学雑誌『サイエンティフィック・アメリカン』(日本版は『日経サイエンス』)が2009年に発表したところによると、世界でもっとも恐ろしい陸生動物は、「ラーテル」(学名メリヴォラカペンシス=Mellivora capensis、別名ミツアナグマ)だ。

    『ギネスブック』も、ラーテルを「世界一恐れを知らない動物」として認定している。ラーテルは、アフリカ大陸とアジア大陸の草原や砂漠に生息し、ツチブタのような他の生き物が掘った巣穴に棲みつく。見た目が似ているアナグマとは別の動物である。

    ラーテルは、ハチミツが大好物。ラーテルもアナグマも、肉食獣の最大グループであるイタチ科に属している。イタチ科の仲間には、フェレットやヨーロッパケナガイタチ(ポールキャット)やミンクやクズリなどがいるが、この中でハチミツを食べるのは、ラーテルだけだ。

    ちなみに、学名の「メリヴォラ」は「ハチミツを食う者」という意味である。

    ラーテルは大きな鋭い鉤爪(かぎづめ)でシロアリ塚を荒らし回り、鶏舎の金網を引き裂き、ハチの巣を粉々に破壊する。

    そのラーテルをハチの巣へと導く役割を果たすのが、ノドグロミツオシエ(英名ハニーガイド=honeyguide)という鳥。ハチの巣を見つけると鳴き声で知らせ、ラーテルが巣を壊してハチミツを食べたあとのおこぼれ(巣の残骸やハチの幼虫)をさらう。

    ラーテルはなぜこれほど無敵なのか。その理由はたるんだ外皮にある。

    背後から捕まえられても、皮膚の内側で体をねじって反撃できるのだ。

    天敵はほとんど存在せず、挑発されれば人間を含むほぼすべての動物に襲いかかる。

    これまでに、ラーテルが攻撃したり殺したりしたのは、ハイエナ、ライオン、トラ、ゾウガメ、ヤマアラシ、ワニ、クマなど。

    好物の毒ヘビにいたっては、口にくわえると、ものの15分でガツガツとたいらげる。

    さらに幼いラーテルまでも殺して食べるので、子どもが成獣になるまで生き残るのはわずかに半数だという。

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      エヴァと私の26年

    • 4

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 5

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 6

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 7

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 8

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 9

      半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

    • 10

      ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 5

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 6

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 7

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 8

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 9

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】アフリカの小国ジブチに注がれる熱視線