Newsweek

感染症対策

ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

2021年1月22日(金)15時35分
ジェニー・フィンク

    アメリカのコロナ感染対策はこれからが本番(1月21日、バイデンと会うためホワイトハウスに到着したファウチ) Jonathan Ernst-REUTERS

    <新政権になって「科学」に基づく政策ができるようになり「解放感を覚える」と会見で明かした>

    米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、新型コロナウイルス対策をめぐってドナルド・トランプ前大統領と幾度となく衝突した。ジョー・バイデン新政権が発足して、ファウチはこれで気兼ねなく「科学」に基づく政策ができるようになった、と語った。

    ロナルド・レーガン以降の全ての大統領に、感染症関連の助言を行ってきたファウチは、アメリカの公衆衛生対策における主要人物として高い評価を受けている。しかしトランプは日常的にファウチとは異なる主張を展開し、感染症の専門家である彼の指摘を頭ごなしに否定した。両者は対立していると報じられ、トランプがファウチを「更迭しようとしている」と何度も囁かれた。

    ファウチはバイデン大統領就任翌日の1月21日にホワイトハウスで行った会見の中で、「過去のことについて語る」のは気が進まないとしつつも、トランプ政権時代は大統領と矛盾したことを言わなければならず「つらかった」と語った。「自分が何かを言えば必ず、なんらかの反撃に遭った。だからここに立って自分の知っていることを話し、証拠や科学を提示して、科学に自ら語らせることができるのには、解放感を覚える」

    変異種懸念も「ワクチンの効果がない訳ではない」

    アメリカでは19日に、新型コロナウイルスによる死者が40万人を突破した。1年足らずで、第2次世界大戦で死亡した米兵よりも多くの人が死亡したことになり、感染者数は累計で2450万人近くにのぼっている。

    米国内で死者や入院者の数が増えつづけるなか、世界は新型コロナウイルスの「変異種」という、もう一つの差し迫った脅威にも直面している。イギリスで確認された変異種は、通常のウイルスよりも感染力が高いことが分かっているが、ファウチがもっと懸念しているのは、ブラジルと南アフリカで確認された変異種だ。

    ブラジルと南アフリカの変異種は、入院患者の治療の一環として使われているモノクローナル抗体の有効性に影響を及ぼすことが確認されている。ファウチは、この変異種がワクチンの効果を減弱させる可能性があると述べたが、それでも「ワクチンの効果がない訳ではない」とも強調した。

    ファウチは、ワクチンには「(感染拡大を)和らげる作用」があると指摘。それを考えれば、少しばかり効果が減弱しても「十分に効果的と言える基準を満たす」だろうとの考えを示した。「ウイルスの複製(拡散)が起こらなければ、変異も起こらない。そして多くの人がワクチン接種を受けて免疫をつけることで、その複製を抑制することができ、ひいては変異種の発生によってワクチンの効果が減弱する事態も避けられる。だからこそ、できる限り多くの人にワクチン接種を行う必要があるのだ」

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      エヴァと私の26年

    • 4

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 5

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 6

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 7

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 8

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 9

      半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

    • 10

      ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 5

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 6

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 7

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 8

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 9

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】アフリカの小国ジブチに注がれる熱視線