Newsweek

ポピュリズム

米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

2021年2月23日(火)17時50分
ジョン・オースティン(ミシガン経済センター所長)、ジェフリー・アンダーソン(ジョージタウン大学教授)、ブライアン・ハンソン(シカゴ国際問題評議会バイスプレジデント)

    フランス北東部の町アルグランジュにある鉱山労働者の壁画 JEFF J MITCHELL/GETTY IMAGES

    <どの国でもポピュリズムの温床はラストベルト(さびついた工業地帯)。この地域で経済が再生し、人々が明るい未来を展望できるようになれば、選挙結果も変わってくる>

    (本誌「ポピュリズム2.0」特集より)

    アメリカにジョー・バイデン大統領が誕生して1カ月がたつ。

    だが、バイデンが2020年大統領選で薄氷の勝利を挙げたミシガン州やペンシルベニア州、ウィスコンシン州などのラストベルト(さびついた工業地帯)では、今もドナルド・トランプ前大統領が唱えた過去へのノスタルジーとナショナリズム、そして排外主義を支持する声が強く残る。
    20210223issue_cover200.jpg
    アメリカだけではない。重厚長大型産業が衰退して、新たなポピュリズムの温床となっている地域はヨーロッパにもたくさんある。

    こうした地域の人々は地元の衰退に怒り、経済的な将来に不安を抱き、社会の変化に不快感をあらわにする。それはゆがんだ愛国意識や反移民感情につながり、民主主義を内側から脅かし、国際秩序まで揺るがしつつある。

    一体どうすればいいのか。複数の研究によると、ラストベルトでも新しい経済基盤を見つけた地域では、ポピュリズムの拡大が収まることが分かっている。

    従ってバイデンとヨーロッパ諸国の首脳は、ラストベルトの経済転換を全力でサポートするべきだ。さもないと、アメリカもヨーロッパもポピュリズムの脅威にさらされ続けることになる。

    昔からポピュリスト政党は、経済や社会の変化に適応できず、エリートに見下され、無視されていると感じる人々に熱烈に支持されてきた。しかし成熟した欧米民主主義国では、ナショナリズムや排外主義的な主張が政治的主流派になることはないと考えられてきた。

    その「常識」が一変したのが、2016年のイギリスのEU離脱(ブレグジット)投票だった。

    このときEU離脱派は、経済や社会の変化に対する人々の不安に付け込み、愛国意識をあおれば、選挙に勝てることを証明した。同年の米大統領選におけるトランプの勝利も、ポピュリズムが政治のメインストリームに躍り出たことを印象付けた。

    ドイツでも翌2017年の総選挙で、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が、かつて炭鉱業や鉄鋼業で栄えたルール地方や旧東ドイツの工業地帯、農村地帯で躍進した。

    経済再生が投票行動を変える

    2017年のフランス総選挙では、極右政党の国民戦線(現・国民連合)が、かつて鉄鋼業や炭鉱業が盛んだった北部で支持を伸ばした。大統領選でも、この地域では国民戦線の党首マリーヌ・ルペンが過半数の票を集めた(全国的には現大統領のエマニュエル・マクロンが勝利)。

    2018年末に急速に盛り上がった政府への抗議運動「イエローベスト」も、かつての工業地帯から全国に広がった。

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      エヴァと私の26年

    • 4

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 5

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 6

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 7

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 8

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 9

      半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

    • 10

      ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 5

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 6

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 7

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 8

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 9

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】アフリカの小国ジブチに注がれる熱視線