スポーツ

「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

2021年7月21日(水)22時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
オリビア・ブリーン

2017年世界パラ陸上競技選手権で100メートル走と走り幅跳びを制したオリビア・ブリーン PETER CZIBORRA-REUTERS

<「願わくば、東京でも着用したい」とオリビア・ブリーンは語る>

東京パラリンピックに陸上競技で出場予定の英代表選手オリビア・ブリーンは、日曜に走り幅跳びで出場した英国選手権で、競技用のショーツが「短すぎて不適切」として女性審判から指摘された。

これに対してブリーンは、「言葉を失った」と振り返っている。

脳性麻痺を患う24歳のブリーンは、2012年のロンドンパラリンピックの100メートル走で銅メダルを獲得。15年と17年の世界パラ陸上競技選手権では、100メートル走と走り幅跳びでそれぞれ金メダルを獲得している。8月に開催される東京パラリンピックでも同じショーツを着用する予定だという。

ブリーンは今大会後、ツイッターで大会審判に向けて謝意を示すと同時に女性審判の指摘に対して疑問を投げかけた。

「私は何年も同じスプリントスタイルのブリーフを履いていて、これは競技用に特別にデザインされたものです。願わくば、東京でも着用したいと思っています」

この問題について、同じ状況で男子選手が特別視されることはなかっただろうと漏らした。

イギリス陸上競技連盟(UKA)に正式な苦情を申し入れると語ったブリーンは、女性が気後れするようなことがあってはならないとコメントした。

月曜には、競技で着用したユニフォーム姿の写真とともに胸の内をツイッターに投稿。

「あたたかい応援メッセージをありがとうございます。他の多くの人にも起こっていることだと聞いて残念でなりません」と書き込んだ。

この一件は、ブルガリアで開催されたビーチハンドボール欧州選手権でノルウェー代表チームの選手たちがビキニ着用を拒否して罰金を科されたのとほぼ同時に起こった。

国際ハンドボール連盟(IHF)は、試合に出場する女子選手はスポーツブラとビキニボトムを着用しなければならないと規定している。

ノルウェーの選手たちは、この規則と罰金措置を承知の上で試合に臨んだ。

「(ビキニは)無駄に性的で、不快な気分にさせられる」と訴えた。

女性アスリートは競技だけでなく、向けられる視線との戦いも強いられている。

今、あなたにオススメ

話題のニュースを毎朝お届けするメールマガジン、ご登録はこちらから。

本誌紹介

特集:DXで復活する日本の製造業

本誌 最新号

特集:DXで復活する日本の製造業

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

2021年11月 2日号  10/26発売

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 7

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 8

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 9

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 10

    マイケル・ジャクソンのボディーガードだった私が見…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

【写真特集】「人間」を伝え続けたカメラマン、アフガニスタンに死す