Newsweek

鈴木一人

グローバル化と安全保障

トランプの宇宙政策大統領令と国際宇宙探査フォーラム

2018年03月06日(火)15時30分
    トランプの宇宙政策大統領令と国際宇宙探査フォーラム

    復活した国家宇宙評議会議長 ペンス副大統領 2017年10月 Jonathan Ernst-REUTERS

    <民間企業SpaceXの見事な有言実行のいっぽうで、グダグダなアメリカ政府の宇宙戦略。日本はただアメリカの戦略に乗るしかないという状況でいいのか...>

    3月3日に東京港区のセレスティンホテルで開催された第二回国際宇宙探査フォーラム(ISEF2)に45ヶ国が参加し(前回の37ヶ国よりも8ヶ国増加)、共同声明を採択して閉幕した。

    プロフィール

    プロフィール

    鈴木一人

    北海道大学公共政策大学院教授。長野県生まれ。英サセックス大学ヨーロッパ研究所博士課程修了。筑波大大学院准教授などを経て2008年、北海道大学公共政策大学院准教授に。2011年から教授。2012年米プリンストン大学客員研究員、2013年から15年には国連安保理イラン制裁専門家パネルの委員を務めた。『宇宙開発と国際政治』(岩波書店、2011年。サントリー学芸賞)、『EUの規制力』(共編者、日本経済評論社、2012年)『技術・環境・エネルギーの連動リスク』(編者、岩波書店、2015年)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    本誌 最新号

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

    2018年10月23日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      ドイツで潰えたグリーン電力の夢

    • 3

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

    • 6

      真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

    • 7

      中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

    • 8

      新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

    • 9

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 10

      故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

    • 3

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 4

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

    • 7

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 8

      金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

    • 9

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 10

      この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

    • 5

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 6

      ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

    • 7

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 8

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい