Newsweek

武邑光裕

電気自動車への移行を加速させるドイツ──EV革命のリーダーは、ドイツと中国に絞られてきた

武邑光裕

ドイツで起きる食のイノベーション──人工肉や昆虫食

武邑光裕

無条件ベーシックインカム:それは社会の革新なのか幻想なのか?

武邑光裕

音声SNS「クラブハウス」を告発、ドイツ消費者保護法違反で

武邑光裕

Qアノンは数百万人のユーザーによる「代替現実ゲーム」だった

武邑光裕

未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなくトヨタを選んだのか?

武邑光裕

ベルリンはロックダウンによる「文化の死」とどう戦うのか?

武邑光裕

欧州連合がGAFAを厳格に規制する法案を発表──世界のデジタル経済の行方を左右する

武邑光裕

ベルリンが「ブロックチェーンの首都」になった理由

武邑光裕

ドイツの夜間外出禁止令は、結局、クラブ・パーティの秘密化を助長する

武邑光裕

ドイツ発のモバイルバンク「N26」は、欧州キャッシュレス化の震源地

武邑光裕

トランプ支えるQアノン、ドイツに影響力飛び火 陰謀論が急増する背景

武邑光裕

ドイツでもっとも後進的だった電力業界に起きた破壊的イノベーション

武邑光裕

衰退するショッピングモール、再生を模索する欧州

武邑光裕

反コロナ・デモに揺れるベルリンで、ハンナ・アーレント展が示すもの

武邑光裕

ドイツでベーシック・インカムの実証実験が始まる──3年間、月15万円支給

武邑光裕

ドイツで進む「新しいクルマ」のあり方 企業も市民も行政も価値観を変えた

武邑光裕

ファスト・ファッションの終焉? ヨーロッパの真の変化への積極的な取り組み

武邑光裕

コロナ禍、ベルリン市民が懸念する旧東ドイツ監視社会の記憶

武邑光裕

ベルリンで考えるパンデミック後のオフィスと仕事の未来

プロフィール

プロフィール